今年もテーブルウェアフェスティバルの季節です

投稿日:2016年1月30日(土) カテゴリ:イベント・展示会情報 , 未分類

今年もいよいよ明日(1/31)から「東京ドーム・テーブルウェアフェスティバル2016」が開催されます!

全国から250以上のブースが出店する国内最大級のうつわの祭典です。

テマヒマうつわ旅でもお馴染みの蒔絵師・山内泰次さん、木地師・三浦圭一さんをはじめ、会津からも沢山の漆器の作り手さんが出店されています。

年に一度のこの期間のために職人さんたちが一年間準備してこられた品が、定番から新作まで一同に会します。東京で会津の素晴らしい漆器に触れ、購入できるチャンスです。

全国のいいものが集まっているので、一日居ても見飽きない(&見尽くせない)くらいですが、特に、テマヒマうつわ旅が断然オススメするブースはこちら!
・ブースNo.111「会津うるし職人の店」
御蒔絵やまうちさん・三浦木工所さんのブースです。
・ブースNo.119「塗師一富」
漆器の概念を覆す、素晴らしい器が揃っています。
・ブースNo.16「会津うるし工藝舎」
本物を作る会津の若手職人の新グループです。

会期は2/8(月)まで、最終日以外は19時まで空いていますので、上記のブースNo.をメモの上、是非足をお運びください!
https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/
tf

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫