Aizu Urushi Tour (Tema Hima Utsuwa Tabi) English Guide

投稿日:2020年3月15日(日) カテゴリ:テマヒマうつわ旅ニュース

【Introduction】
Anyone interested in seeing Japanese traditional crafts created firsthand should include a tour to Aizu-Wakamatsu city to see how lacquerware is made. As an introduction to inflate the image of the tour, This five-minute video gives you a small taste of the amazing attention of detail these artisans give to every piece they create. Aizu-Wakamatsu station is about a 3 hour train ride (including Shinkansen and local trains) from Tokyo Station.


【Glossary & Basic Knowledge about Urushi】

Japanese lacquerware “Shikki” is made from wood and “Urushi” sap, it is an organic and ecological product that has been used since ancient times. For that reason, we want to use the word “Urushi” and “Shikki”, not lacquer and lacquerware, to distinguish it from the chemical paint. So, please remember these two Japanese words when you participate in this tour.

“Urushi” is sap from Urushi tree.
urushikaki

“Shikki” means urushiware(lacquerware) in Japanese.
laquerwaretour


【About Aizu Urushi Tour (Tema Hima Utsuwa Tabi)】

We will give you a special half-day (about 4-5hour) tour visiting around Aizu Shikki (lacquerware) studios with a guide.
A reservation is needed.
Aizu Shikki has more than 400-years of history and tradition.
Please open the door to the world of handcrafts in Aizu. Aizu is a well-established historical castle town, which is home to the famous Tsurugajo Castle. All the artisans you meet here are proud of their works, which were made with their sincerity and respect for their tradition. It used to be difficult or almost impossible for visitors to enter their studios and see them in person.
Aizu Urushi Tour (Tema Hima Utsuwa Tabi) is a tour that makes it possible for visitors to experience the process of making shikki with a guide and receive assistance planning your urushi tour.
aizu shikki tour


【Places you can visit】

Shikki(Lacquerware) is not completed by one artisan, one studio. It is raised with human hands from the raw urushi tree, and shikki making is divided into three processes. The charm of this tour is that you can experience the long time and process until one dish is made while visiting each place.

The process of making shikki involves three steps: shaving the wood to the desired shape (woodturning), painting several coats of urushi onto the wood, and finally decorating the shikki with fine designs (makie).

Urushi tree field:
You can find out why the Japanese raised the urushi tree for 10,000 years ago at this place.
IMG_8685

Shikki studios
Kiji-shi studios: Studios for making the wooden base to which lacquer is applied.
スライダー1

Nuri-shi studios: Studios for coating the wooden base with urushi lacquer.
スライダー2

Makie-shi studios: Studios for painting a picture with colored urushi or decorating by sprinkling gold or silver dust particles.
スライダー3

Option
“Tagoto”: Japanese restaurant where you can eat Aizu local cuisine with shikki.
owan02


【Tour Information】

We will give you a special half-day (about 4-5hour) tour visiting around Aizu Shikki (lacquerware) studios with a guide. The minimum number of participants is 2 persons. Maximum 8 people per group.

Basic Rates: The following experience is included in the basic rate.
* 5,000yen per person for the half-day (about 4-5hour) tour.
* Urushi field visit.
* About 2-3 studios visits.

Options: The following experience is possible at an additional charge.
* 5,000yen per group If you want us to arrange an interpreter.
* Special Aizu local cuisine to eat with shikki: +1,800yen per person
 Detail http://tematrip.com/blog/1214
* Experience making shikki: +1,000yen to +5,250yen per person
 Detail http://tematrip.com/blog/news/1502
* You can directly purchase artisans’ work.

Procedure for your Aizu Urushi tour
1) Application: Please apply by e-mail using the following e-mail form. Please submit your application form one week in advance of your trip.
2) Meeting place: Aizu-Wakamatsu station.
3) Payment: Please pay us at the designated meeting place by cash.Japanese yen only.

Access to Aizu-Wakamatsu: http://samurai-city.jp/access/en/


【Special Reports by foreigner!】

There are Aizu Urushi Trip experience report videos! Please check out!

●KemushiChan from US (in English)

●Alan Channel from Taiwan (in Chinese)

aizu shikki

A French journalist, Jean-paul Richard, wrote the experience report of Temahima Utsuwa Trip on the site “Samurai Trip”. A state of a detailed trip in English is introduced. Please have a look.
Aizu: Delicious Food and Tradition in Deep Japan
15

On site “REDISCOVER FUKUSHIMA -Follow my journey in Fukushima Prefecture”, Ms. Zoe from England wrote a nice article about our tour.
MIURA’S ENCHANTING WORKSHOP & AIZU LACQUERWARE
MAKE YOUR OWN AIZU LACQUERWARE CHOPSTICKS
IMG_8744


【Tour Guide】

Wataru Kainuma
Executive Director and Founder, Urushi Rocks Inc.
Director, Nonprofit Urushi Harunaka
IMG_5014 のコピー
Born in Fukushima in 1980, Wataru was absorbed in band music and India during his schooldays. After graduating from a university in Tokyo, he moved to Aizu-Wakamatsu. In 2013, he collaborated with an Aizu shikki factory to start a cultural tour to visit artisans.He started to dream of how we could coexist with nature. As a powerful communicator who connects people to urushi, Wataru gives lectures and hosts events all over Japan to convey how shikki enriches our lives.In 2015, it launched the shikki brand “Meguru”. Meguru is unique for its collaboration with individuals with visual impairments (who are guides of “Dialogue in the Dark”), and for its sophisticated design, touch, and ease of use. A portion of the revenue is allocated towards the planting of urushi trees in Japan.

【Sponsorship】
Company: Urushi Rocks Inc.
President: Wataru Kainuma
Address: 4-16-201, Shinyokocho, Aizu-Wakamatsu city, Fukushima pref.
Postal code: 965-0866
Tel: 0242-85-6803
E-mail: tematrip@urushirocks.com


【Urushi and the Lives of the Japanese】
Japan is a country of trees.
Almost everything, such as ships, roads, and houses, has been made of wood. The Japanese and trees have lived in harmony. Trees are ideal material for tableware, because they are warm and recyclable. However, they have a weak point, which is that they are susceptible to ruin because they easily absorb water and become stained. When the Japanese began using trees as material, they needed to coat the wood with protective coating. Ancient Japanese people found a way to coat wood with urushi, which is sap from urushi tree, a lacquer tree.
Urushi has been regarded as the material to protect wood and imbue it with aesthetic beauty. Then, shikki (lacquerware) was elevated to the realm of art. It is an essential element of Japanese culture.
One of the charms of urushi is its appearance and the feeling when it touches the lips. It is said that urushi coating has a similar feeling of human skin.
At table, the Japanese hold tableware with a hand and touch their lips to the lacquer ware.
Shikki was born in China and Japan, which has a lot of trees, and was developed by the Japanese with their sharp 5 senses. It became more sophisticated. Urushi is a wonderful natural material which has played a significant role in the development of Japanese culinary culture.
aizu urushi trip

【Growing urushi trees】
Lacquer-known as urushi in Japanese- is a natural material obtained from the sap of the lacquer tree.
A nursery tree requires two years to be planted on the field of urushi forest.
It takes 10-15 years that single urushi tree grow enough to produce urushi sap.
During that time, tree growers have to take care of them- cutting weeds away, taking off bind weeds, etc
It takes tremendous time and efforts to grow urushi trees and collect sap from a lot of urushi trees, so there is a big labour cost issue. As a result, around 98 percent of the natural lacquer used in Japan is now imported.
aizu urushi trip


【Application E-mail form】

Please send us the following e-mail form one week in advance.
Please mail to < tematrip@urushirocks.com >.

===============================
●Booking dates:
 First option date
  Date:
  Time:
 Second option date
  Date:
  Time:
 Third option date
  Date:
  Time:
●Number of participants:
●Booking name:
●Names of the participants:
●Birth date:
●Country where you reside:
●Address:
●Mobile phone number:
●E-mail address:
●Job:
●Means of transport in your Aizu:
●Expectations for your trip (Please select as many as that apply):
 ・Visiting urushi field
 ・Visiting studios
 ・Shopping
 ・Making Shikki
 ・Special Aizu local cuisine
 ・Others
●Questions for guides or artisans etc:
===============================

参加者の声(飯田さん)

テマヒマうつわ旅でできる制作体験メニュー一覧

投稿日:2020年3月13日(金) カテゴリ:テマヒマうつわ旅ニュース

「テマヒマうつわ旅」で出来る制作体験はこちらです。
基本参加費(5,000円)にプラスして、下記のオプション料金にて体験ができます。

ツアー全体の詳細・申込は、こちらからご覧ください。
※お子様の制作体験について:小学生高学年から、大人と一緒に体験頂けます(体験料は同額です)。


 
【1】丸祐製作所
<木地挽きに挑戦!木製ペン立てづくり!>
●料金:1,000円/1人
●所要時間:約15分/1人
●完成品は当日お持ち帰りいただけます。
熟練の木地師・荒井さんが直接指導する木地挽き(きじびき)体験。実際にロクロに向かって、カンナを持って木地を挽かせてくれる体験は、他では、なかなかありません。あらかじめ荒井さんが作ってくれた「ペン立て」にお好きなスジ入れていただきます。出来上がった作品は、当日お持ち帰りいただけます。
丸祐製作所の工房紹介はこちら

木地挽き体験1

木地挽き体験2

木地挽き体験4

木地挽き体験3


 
【2】吉井漆器工房(大吉屋)
<あっと驚く研ぎ出し体験!マイ箸を作ろう!>
●料金:2,000円/1人
●所要時間:約1時間30分/1グループ
●完成品は当日お持ち帰りいただけます。
この道60年のベテラン職人、吉井さんが直接指導する箸づくり体験。様々な色の漆を塗り重ねることで複雑な模様を出す「変り塗」の技を体験していただきます。漆を塗り重ねた箸をサンドペーパーなどで「研ぎ出す」ことで、その模様が一気に浮き出る最後の工程です。最初は一色だった箸が、あなたが研ぐことによって、表情が見る見る変わっていきます。やってみるとハマる方続出の体験です。出来上がった箸は、当日お持ち帰りいただけます。
大吉屋(吉井漆器工房)の工房紹介はこちら

箸づくり体験1

箸づくり2

箸作り体験3

箸づくり体験4


 
【3】ほくるし堂
<豆皿に漆で絵を描こう!ミニ漆器講座付き!>
●料金:3,000円/1人
●所要時間:約2時間/1グループ
●出来上がった作品は、当日お持ち帰りいただけます。
農家蔵を改装した木の香る工房の中で、蒔絵師・二瓶由布子さんが直接指導する漆絵体験。二瓶さんが予め作っておいてくれた木製・摺漆(すりうるし)の「豆皿」に、漆絵(うるしえ)を施す体験です。一般的な蒔絵体験は、カシュー塗料などの代用品を用いる場合も多いのですが、ほくるし堂さんでは本物の漆を使った漆絵体験をしていただけます。何を描くか事前にイメージしてからお越しください。二瓶さんによる分かりやすいミニ漆器講座付きです!終了後はギャラリーもご覧いただけます。出来上がった作品は、持ち帰ってからご自宅で自分で乾かすという楽しみも待っています!
ほくるし堂の工房紹介はこちら

ほくるし堂1

ほくるし堂2

ほくるし堂3

ほくるし堂4

ほくるし堂5


 
【4】御蒔絵やまうち
<本物の漆を用いた蒔絵体験をしてみよう!>
●料金:5,000円(送料込み)/1人
●所要時間:約2時間/1グループ
●出来上がった作品は、後日ご自宅まで郵送します。
蔵づくりの工房の中で、会津を代表する蒔絵師・山内さんが直接指導する蒔絵体験。木製・本漆・手塗りの器(皿かお椀)に、蒔絵(まきえ)を施す体験です。一般的な蒔絵体験は、カシュー塗料などの代用品を用いる場合も多いのですが、御蒔絵やまうちさんでは本物の漆を使った蒔絵体験をしていただけます。(お椀やお皿に絵の具のように色の付いた漆で絵を描いていく「漆絵」という技法を主に用いますが、ご希望によって金や銀の粉を撒きつけることもできます。)何を描くか事前にイメージしてからお越しください。アイディアが思い浮かばない場合には、工房にある画帳の中から選んでいただけます。出来上がった作品は、後日ご自宅まで郵送します。
御蒔絵やまうちの工房紹介はこちら

蒔絵体験1

蒔絵体験2

蒔絵体験3

蒔絵体験4


 
【5】三浦木工所
<木目を活かした「ぐい呑み」を作ろう!>
●料金:6,000円(送料込み)/1人
●所要時間:約2時間/1グループ
●出来上がった作品は、後日ご自宅まで発送します。
ギャラリーの中で、木地と塗りの両方を手がける職人・三浦さんが直接指導する「ぐい呑み」づくり体験です。あらかじめ三浦さんが、工房で寝かされた木を使って、ぐい呑みを仕上げの直前の段階まで作ったものを準備されています。お客様には、その中からお好きなかたちを選んでいただき、それに仕上げの研ぎと漆塗り(拭き漆)をしていただきます。晩酌には、自分で作ったぐい呑みでくいっと一杯、という粋な暮らしをしてみませんか?出来上がった作品は、後日ご自宅まで郵送します。
三浦木工所の工房紹介はこちら


 
ツアー全体の詳細・申込は、こちらからご覧ください。

テマヒマうつわ旅で行ける会津漆器ランチ

投稿日:2020年3月10日(火) カテゴリ:テマヒマうつわ旅ニュース

テマヒマうつわ旅では、会津漆器を使った郷土料理ランチを以下の飲食店でお楽しみいただけます。どうぞご利用ください。

料理旅館「田事(たごと)」

会津漆器ランチ「会津おもてなし膳」:1,800円(税別)

c76fe3c64b9f9facf32435b7485fdd06 2

会津漆器独特の小皿「手掌皿(てしおざら)」に蒔絵職人たちが様々な絵柄を描いたうつわを使い、こづゆ、田楽、棒たら、鰊の山椒漬けなど、会津の郷土料理をふんだんにお楽しみいただけます。メイン料理は田事名物の「めっぱ飯(わっぱ飯)」です。めっぱ飯は、しらす、鮭、ぜんまいの3種類からお選びいただけます。
omotenasi 2

囲炉裏を囲んで、雰囲気のいい和の設えでのお食事ができます。
tagoto3

料理旅館「田事」 
http://tagoto-aizu.com/
場所:福島県会津若松市城北町5-15

うるしが教えてくれること – 漆とロック代表・貝沼航インタビュー

投稿日:2020年3月5日(木) カテゴリ:うるしるコラム , 漆器「めぐる」ニュース

下記のインタビュー記事は以前あるプロジェクトのサイトに掲載されていたものですが、記録も兼ねてこちらにも掲載しています。

===

漆とロック・貝沼航インタビュー
『“漆”を通じて豊かさの「ものさし」を問い直す』

(取材・撮影・編集:ヘキレキ舎・小松理虔氏

伝統工芸の町、福島県会津地方。数ある伝統産業の中で、漆器産業の衰退は年々深刻さを増している。「このままでは、古き良き日本の伝統が失われてしまう」。そんな気持ちで、漆器工房のガイドツアー「テマヒマうつわ旅」や新しい漆器ブランド「めぐる」を展開し、漆器を作る人と使う人のつなぎ直しに奔走しているのが、漆とロック株式会社の貝沼航さんだ。貝沼さんは「漆器には日本人本来の豊かさが込められている」という。貝沼さんはなぜ「漆器」に賭けたのか。そして、漆器から私たちは何を学ぶことができるのか。話を伺った。

漆とロック貝沼航

―伝統工芸の作り手(職人)の姿に惚れて起業
大学卒業後に就職がきっかけで会津に来たのですが、様々活動する中で、この地に残る伝統工芸に触れ、職人さんたちの工房にお邪魔させていただいたのが最初のきっかけでした。その時はかっこ良いとか、素晴らしいとか、単純な気持ちしかなかったんですが、学べば学ぶほど、会津の伝統工芸が抱える課題が分かってきたんです。中でも漆器は最も変革が起こりづらい状況に見えました。そもそも漆器が現代人の生活から離れてしまっているし、昔からの流通の慣習がアップデートできておらず古い体制が残ったまま。会津全体での漆の売り上げも、最盛期から比べて7分の1以下にまで落ち込んでいますし、職人の数もかなり減っていました。とにかく課題要因が絡み合っている産業なんですよね。でも、課題が多い分、取り組む価値が大きいと思うし、何とかチャレンジして「解き方」を見出していきたいなと思いました。と言っても、やっぱり漆そのものの魅力に引かれたというのが、動機としては一番大きいかもしれません。「なんで、こんな素敵で面白いものがなくなろうとしているんだろう?」というシンプルな思いが、やっぱり自分のベースにありますね。

冨樫孝男

―貝沼さんが語る、漆の魅力
皆さんあまり気づいていないかもしれないんですけど、漆はすごいですよ、本当に。自分が持っている「価値」の時間単位が変わってきますから。日本人の平均的な食器の買い替え年数は3~4年と言われているんですが、漆器は10年~15年くらいは最低でも使えますし、表面が傷んできても、塗り直しをすれば、新品同様に生まれ変わり、さらに長く使うことができます。購入する時の価格は、何千円もするので高いように思えますが、子の代・孫の代に渡っていいものを丁寧に使うことができるという時間とその豊かさを考えると、決して高くはないんです。それに、手仕事の漆器は使えば使うほど手になじんで美しさが増してくるのがいいですね。いい漆器は、自然に所作を丁寧にしてくれて、暮らしを静かにしてくれるものだと思います。
漆の器は、木の国である日本で、縄文時代の日本人が生み出した素晴らしい発明だと思います。

漆器

―漆器の時間軸は、地球のサイクルそのもの
漆器を作るには、1人の職人では出来ません。木材を器の形にする「木地師」、そこに漆を塗る「塗師」、そして装飾を施す「蒔絵師」という最低でも3工程の職人の手を経て、それぞれの職人が「手間ひま」をかけて完成します。また、漆塗りに使われる漆の液は、成長した漆の木の表面に傷をつけて採るのですが、1本の漆の木を育てるのに15年ほどかかります。この15年という時間は、暮らしの中で使い続けた漆器が、ちょうど塗り直しが必要になってくるタイミングとほとんど同じなんです。また、漆器の木地を採る木も、樹齢100年くらいのものを使いますが、漆器の耐用年数も同じくらいの時間です。塗り直しが必要になったときには、漆の木が育ち、新しい器が必要なったときには、ちょうどよく木が育っていることになります。つまり、漆器の時間軸は木材の成長サイクルとリンクしているんですよ。ですから、漆器を使うことは、自分の生活を地球のサイクルに近づけていくことにつながると言っていいかもしれません。

テマヒマうつわ旅

―3.11を体験したからこそ、取り戻すべき「不便さ」
東日本大震災の後よく考えるのは、私たちの追い求めてきた豊かさの「ものさし」についてです。私たちは、食べること、買うこと、使うこと、いろんなところで「便利さ」や「快適さ」を追い求めてきました。それが豊かさの尺度になっていた。ところが、その「便利さ」や「快適さ」の象徴のような原発が事故を起こしてして、こんなにもうろたえている僕たちがいる。大量生産・大量消費のシステムは、人と人とのつながりや時間の重みを排除することで効率化、合理化してきましたが、私たち自身、その便利さや快適さに誰も責任を負わずにやってきてしまった面があったと思うんです。そして、その問題が今こうして露になっている。ですから、震災後は特に「不便さを取り戻すこと」が大事だと考えるようになりました。不便さ、つまり「手間ひま」の価値を取り戻し、自分の中の豊かさの「ものさし」をもう一度作り直すことが大事なんじゃないかと。

漆器工房

―五感に訴える「テマヒマうつわ旅」
私が今取り組んでいる「テマヒマうつわ旅」という事業は、漆器の作り手に直接会いに行く旅のプログラムです。これは、趣旨に賛同してくださっている10程度の工房と共に取り組んでいます。職人さんの日常にお邪魔し、漆器づくりの様子を見学できたり、作り手と直接言葉を交わすことができます。この「対話」という要素を一番大事にしています。もちろん、作り手から直接器を購入したり、オーダーメイドの注文をすることもできます。その他、お客さんの要望に応じて、職人さん直伝の制作体験をしたり、市内の飲食店で漆器を使った食事もすることもできます。直接言葉を交わして、工房の雰囲気や木の香りを味わいながら、五感を使って「体験」していくことが、その人の「身体感覚」として記憶される。だから、旅が終わってそれぞれの生活の場に戻った後も、漆器を使う度に旅の記憶が甦って、職人の顔が思い浮かんだり、器に思いを寄せたりすることができるんだと思います。食器とそういう付き合いができるというのは「豊かさ」のひとつだと思うんですね。

テマヒマうつわ旅

―身体感覚を取り戻すことで狭まる距離感
参加した方からは「漆器がこれほどまでに面白いものだったとは」とか、「使うたびに職人さんの顔が思い浮かぶようになった」、「すばらしい映画を見終わったような充実感があった」などの声が上がります。やはり、身体感覚として記憶されているからだと思います。今までの大量生産・大量消費の流通構造では、使い手がものづくりの現場に行き、そこで身体感覚を得るなんてことはできませんでした。販売に至るまでに流通の高い壁が何重にもあって、作り手の顔や思いが見えにくくなっていたからです。逆に作り手の方も使い手の顔が見えなかった。この事業によって、その壁を壊していくことに切り込んでいきたいと思っていますし、テマヒマうつわ旅というチャレンジによって、作り手と使い手の距離を少しずつ縮めていくために必要なことが見えてきたかなと感じています。

漆とロック貝沼航

―内省の時間を生み出す「うるしスイッチ」
テマヒマうつわ旅は、表面的に言えば「工房ツアー」なんですが、僕は決して観光サービスをやりたい訳ではないし、お客さんにとっても、この旅の時間は単なる楽しさだけではなくて、実は「内省」の時間になっているんだということを改めて感じています。ただ器のことを知るだけではなく、自分の生き方、そして豊かさとは何なのか、そんなことを考える時間になっているんです。僕はこれを「うるしスイッチ」と呼んでいます。ツアー中にこのスイッチが入ると、価値の基準についてもう一度考え直す静かな内省的な時間に変化していきます。それが起きるのは、50年、100年という「漆の時間軸」があるからこそなんです。

漆器工房

―会津、そして東北の豊かさとは
会津の冬は厳しく、たくさんの雪が降ります。雪が降る時期は、外に出ることができないので気持ちが内側に向いてくるんですが、それがまさに「内省」の時間になるんですね。そして、そういう冬の時間があるからこそ伝統工芸が生まれ、続いてきたんだと思います。以前、奥会津の方が「雪というのは豊かさそのものなんだ」とおっしゃっていました。雪があるから落葉があり、豊かな土壌ができ、その雪によって水資源がもたらされ、秋の実りが生まれるわけですよね。実は東北地方には縄文遺跡が多いんですが、縄文人はその豊かさを本能的に理解していたんだと思います。だって、現代人が生きにくいと思っている雪深い東北にこそ縄文人が生きてきたわけですから。

蒔絵師

―「手間ひま」こそ、東北の醍醐味
僕の考える東北らしさもそういう「手間ひま」です。雪によって閉ざされながらも、その内省的な空間の中で脈々と手仕事が受け継がれてきました。そして、雪の恵みから米が作られ、そして酒が生まれる。その酒は、豊かな実りと人々を繋げてくれるわけです。そういう営みには大変な手間ひまがかかりますが、そういうことにこそ、「ものづくり」というか「生産する」ことの神髄が隠されているんだと思います。東北を旅するということは「暮らしの源流を辿ること」だと思うんですね。これは東北に限らず「地方」と言い換えてもいい。「地方」は、工芸品に限らず、人が生きるうえで必要なものをたくさん作ってきました。「作る」ということは生活の基盤を作ることです。しかし一方で、都市はそれを消費するだけになってしまっていた。つまり生産と消費が切り離されていたんだと思うんです。やはり、消費と生産をもっと近いものにして「みんなが作る人になる」ことを目指さないといけないと思うんですね。

漆の植栽活動

―東北に満ちあふれている、サバイバル感
東北で震災が起きたということは、やはり日常が揺らいだということだと思います。そして日常が揺らぎ、これまでの便利や快適というシステムが崩れかけたときに、私たち人間が本来持っている「生存本能」というか「サバイバル感」が出てきていると思います。戦後の復興があれだけエネルギッシュだったのは、やっぱり厳しい時代を乗り越えようというむき出しのサバイバル感があったからだと思うんです。そして今、そのサバイバル感に溢れているのが東北です。便利な生活を失ってみて初めて出てくるような生存本能が東北には満ちあふれている。東北を訪れることで、私たちが失いかけている生存本能、自然に対する感覚、そして日常を問い直す感性を取り戻すことにつながると思います。
さらに言えば、「日本人の生き方をもう一度作り直す」ということを提案したいと考えています。福島にある東京の原発が事故を起こし、そこだけ見れば被災地ですが、そうではない、事故があったからこそ見つめ直したもの、そこから立ち上がってくる新しい価値があると思うんです。それが、私にとってはまさに「漆」です。漆が持つ力、そして職人さんたちの言葉は、私たちに新たな価値を示してくれると思っています。

漆器めぐる

―今の時代だからこそ発表した会津の本物ブランド「めぐる」
暗闇のソーシャルエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」とのコラボレーションによって誕生した『めぐる』という漆器があります。視覚障がい者の女性たちが持っている指先の触覚、唇の感覚を「プロフェッショナルな感性」と捉え、ものづくりに活かしたものです。『めぐる』という名前は、使う人の家族の中でめぐっていくということ、そして使う人と作る人の間でめぐり続けることという2つの意味がこめられています。使い始めて15年後くらいに必要になるであろう漆の塗り直しは、職人のお弟子さんにお願いします。今のうちから15年後の仕事を作ることで、仕事がめぐっていくわけです。売り上げの一部は、漆の植樹のために寄付されるシステムにしました。これも、漆のある暮らしを次の世代にめぐらせていきたいからです。そして、お椀自体も、子の代、孫の代にまでめぐっていく。やはり漆器は商品があってこそ。魅力ある商品から広がる価値も伝えていきたいと思います。(「めぐる」公式サイト : http://meguru-urushi.com/

テマヒマうつわ旅

―Urushi is Rock!!
漆器は、一見すると想像できませんがとても「ロック」な存在です。効率や合理性を追い求める時代の波に流されない反骨精神、そして自然への畏敬の念が詰まっています。そんな漆の器に出会い直しに、会津にお越しください。また講演会やワークショップも開催しています。
漆とロックへのお問い合わせは、こちらのサイトから。

 

IMG_5014 のコピー

漆とロック株式会社(Urushi Rocks Inc.) 代表 貝沼 航
1980年福島県福島市生まれ。東京の大学を卒業後、会津若松市に移住。サラリーマンをしていた25歳の時に、縁があり訪れた工房で漆器づくりの現場に魅せられ、職人さんたちを応援したいと会社を辞めて起業。2015年、世代を超えて受け継いでいく「人生のお守り」をテーマにした漆器ブランド『めぐる』を販売開始。同年、グッドデザイン賞とウッドデザイン賞・審査委員長賞を受賞。また、木と漆という天然資源の魅力や職人さんたちの手仕事の意味を実際に現場で体感してもらう産地ツアー「テマヒマうつわ旅」を展開。NPO法人はるなか・漆部会の副代表として国産漆の森の再生活動にも力を注いでいる。漆と人を繋ぐコミュニケーターとして、全国をまわり漆器のある暮らしの豊かさについて講演やイベントも行っている。貝沼航Facebook

【めぐるからの大切なお知らせ】「十月十日(とつきとおか)」でのお届けに変わります!

投稿日:2019年11月15日(金) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

漆器「めぐる」は、第6期となる2020年生産分から受注及びお届け方法が大きく変わり、“我が子のように迎え、育てる器”として進化します。

「めぐる」は、約1年をかけ手間ひまを惜しまずに丁寧にお作りすると共に、素材となる国産の漆や木材(トチノキ)を守り、季節のサイクルに則したものづくりを保つため、第6期からは、基本的に年1回の受注期間を設けての数量限定・完全予約生産となります。

器は、ご注文いただいてからおおよそ「十月十日(とつきとおか)」をかけてお手元に届きます。その期間、毎月メールや葉書などでご自身の器が育つ(作られる)様子をお知らせします。

我が子を迎え入れるように、器のマタニティタイムをお楽しみください。

受注期間は2019年12月上旬〜2020年3月上旬までの3ヶ月間、300セット限定。実際の商品のお届けは2020年11月となります。

詳細については、「十月十日(とつきとおか)」の受注スタートに合わせて公式ウェブサイトが全面リニューアルされますので、そちらを是非ご覧いただければ幸いです。

また併せてお知らせですが、現在、漆や木材など原材料の値上がりが続いており、第6期から商品価格もそれぞれ1割弱値上げさせていただきます。申し訳ございませんが、ご理解・ご了承いただけましたら幸いです。

なお、「十月十日(とつきとおか)」の受注期間を見逃されませんように、下記「めぐるオンラインストア」のフォロー並びに気になる商品ページにて「再入荷お知らせ」ボタンを押していただき、予約スタートをお待ちいただけましたら幸いです。
https://meguru.stores.jp/

それでは、これから大きく進化していく「めぐる」を引き続きどうぞよろしくお願いします。

手と器

“漆”をテーマに自由研究!小学二年生のテマヒマうつわ旅でした!

投稿日:2019年8月1日(木) カテゴリ:日々のアテンドから

2019年7月中旬、初夏の「テマヒマうつわ旅」。
この日は、小学二年生の女の子とそのご両親をアテンドしました。

小学校で出された夏休みの自由研究のテーマが「樹液」ということで、その中で“漆”を研究しようと思いついたそうです。
漆という素材の秘密や漆器が出来るまでの工程を知りたいとお申し込みいただきました。
そんな嬉しいオーダーでしたので、一日かけてたっぷりご案内しました。

まず1軒目は、こちら。
会津漆器の蒔絵師、ほくるし堂・二瓶由布子さんの工房です。
ほくるし堂1

彩漆(いろうるし)を使った絵付けについて由布子さんやお父さまから実演も交えて教えていただきました。

ほくるし堂2

ほくるし堂3

その後はギャラリーも見学。
ほくるし堂4

わー可愛い〜と、皆さん漆器のイメージが早速変わったようです。

続きましては、こちら。
会津漆器の木地師・三浦圭一さんの工房で、漆器のもう一つの素材、木材について学びました。
三浦木工所1

自分が生まれるずっと前から寝かされている木地を見つめて何を思うかな?
三浦木工所2

光を当てると光る不思議なお猪口も(その正体は肥松という、樹齢数百年の松の木の中心部です)。
三浦木工所3

そして、お昼ごはんは喜多方ラーメンを食べて、塗師・秋葉良榮さんの工房へ。
秋葉漆器製作所1

漆という素材を塗料として使うあれこれに話が尽きません。
秋葉漆器製作所2

秋葉漆器製作所4

そして、いよいよ!この日のメインイベント、漆掻きの現場へ!
漆掻き1

塗師の秋葉良榮さんは、漆掻き職人でもあります。
喜多方市内から15分ほど車を走らせて、山の中へ。
漆掻き6

漆の木に傷を付けて、漆の液を一滴一滴集める漆掻きの仕事。
漆掻き3

この日はまだ初夏でしたので、「初辺(はつへん)」と呼ばれる盛りになる前の時期です。
漆掻き4

森の中で行われる神秘的な作業に小学生の女の子もじっと見入っていました。
漆掻き5

日本人のお母さんもアメリカ人のお父さんも驚きの連続だったようです。
漆掻き2

そして、秋葉さんの工房に戻り、お気に入りのお椀を選び、大事そうに持ち帰りました。これから、きっとごはんを食べる度に職人さんたちの光景を思い出す、お守りのような器になりますね。
秋葉漆器製作所5

最後の写真は、女の子が家に帰って描いた絵をお母さんが送ってくださったものです。秋葉さんの特徴をよく捉えていて、本当に上手ですね!
漆掻き

ということで、一日たっぷりの漆の自由研究ツアー。ご家族でのご参加、ありがとうございました!

「テマヒマうつわ旅」は、お子さんの自由研究の題材としてもご活用いただけます。
暮らしの中で使うお椀がどのように出来るか、そして日本文化やものづくりを知る機会にもなると思います。
喜んでお手伝いしますので、是非お気軽にお申し込み・お問い合わせください!
▶ テマヒマうつわ旅のお申し込みはこちら http://tematrip.com/original

自由研究

【めぐる】「水平」の器に「木地溜(きじだめ)塗り」が加わりました!

投稿日:2019年7月1日(月) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

この度、「めぐる」に新しい仲間が加わりました!

これまでお客さまからもご要望の多かった「水平」の器の木目が見えるバージョンになります!

水平・木地溜

今回の塗り方は「木地溜塗り(きじだめぬり)」と言います。「素黒目漆(すぐろめうるし)」と呼ばれる生漆を精製したそのままの漆を塗り重ねた塗り方です。
別名で「透き漆(すきうるし)」とも呼ばれる通り、顔料などを加えていませんので、漆の自然の色をそのまま活かしています。長年使っていくと、漆の中の茶色が抜けてきて、より透明感を増してきますので、使う中での経年変化も楽しめる器です。

日月の器には「拭き漆」という塗り方のシリーズもありますが、同じ木目が見える塗り方でも、「木地溜」は「拭き漆」よりも塗りの工程・回数や厚みが多いため、水平のかたちに合わせてより上品な雰囲気に仕上げました。

20190612_meguru1378_01

この塗り方の特徴である「透け感」を最大限引き出すため、最初の木固めの段階から国産の漆を使っています。このなんとも言えない肌合いの美しさは、このような素材へのこだわりと塗師・吉田徹さんならではの高い技術によるものです。

さらに、口縁(天縁)の一周だけは黒の漆で塗り、より心地良い口当たりを実現しています。
トチの木の温もりが伝わる落ち着いた雰囲気をお楽しみください。

今回は、初回生産分となりますので、15セット限定、三つ組のみでの販売となります。現在、こちらは在庫がありますので、おおよそ2〜3週間でお届けが可能です。贈り物などにもご検討いただければ幸いです。
予定数に達し次第、一旦お申し込みを締め切りますので、お早めのご注文をお薦めします。

商品の詳細・ご注文はこちらのオンラインストアからご覧ください。
https://meguru.stores.jp/

20190612_meguru1291_01

【めぐる】
「めぐる」は、暗闇の中で対等な対話の場を作るエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」とコラボレーションし、触覚に優れた全盲の女性たちの“特別な感性”をデザインに取り入れることで、心地よい持ち心地や口当たり、そして抱きあげたくなる優しいかたちを追求しました。素地には国産の栃の木を、上塗りには上質な国産漆を使い、会津漆器の腕利きの職人たちが正統な伝統技法で作る本物の漆器です。永く使っていただけるよう将来のお直し(修理や塗り直し)にも対応しています。

20190612_meguru1264_大_01

【水平のかたち】
「水平(すいへい)」は、「器の腰に水平のラインがあることで、私たちは器の正しい傾きが分かり中身をこぼしにくくなる」という”目を使わずに生きる女性たち”の声から生まれました。安心して抱きあげるような骨格があり、「しっかりしていてこぼさず持てる」かたちをしています。さらに、その形のバランスの良さから持ち方が安定され、自ずと姿勢が良くなり、美しい所作にも繋がります。
その美しさと使い勝手の良さは、三つ組で引き立ちます。飯椀、汁椀、菜盛り椀。きれいに重なるその形は、禅の食事に用いる器「応量器(おうりょうき)」にヒントを得ました。
人生を共に過ごしていく一揃いとして、永くお使いいただけます。

GW期間中(4/27-5/5)「うるし万さく」さんで「春の漆」展が開催されます

投稿日:2019年4月26日(金) カテゴリ:イベント・展示会情報 , 各工房からのお知らせ

春の漆展2

いよいよ明日からは10連休となるゴールデンウィークがはじまりますね!

この大型連休に合わせて、会津若松市の「うるし万さく」さんでは、「春の漆」展が開催されます。

白岩準市さん(沈金)、白岩有美さん(蒔絵)、吉田徹さん(塗り)、小松愛実さん(塗り)という4人の作り手さんによる合同展です。普段遣いの器から酒器、アクセサリーなど多数展示・販売されるそうです。なんと500円〜で出来る沈金体験も。

4/27(土)〜5/5(日)の期間、10:00-16:00で開催されていますので是非足をお運びください。

春の漆展

うるし万さく
会津若松市七日町10-14

「人生の節目に、大切な人へ漆器を贈る文化を広めたい!」クラウドファンディングに挑戦中です!

投稿日:2019年4月2日(火) カテゴリ:テマヒマうつわ旅ニュース , 漆器「めぐる」ニュース

私たちは現在、新しいステージへ向かうための活動資金を募るクラウドファンディングにチャレンジしています!!

「人生の節目に、大切な人に漆器を贈る文化」を作り広げたい!

これが活動テーマです。

食べることは生きること。食卓は家族の物語を紡ぐ場所です。

そこにずっと寄り添う「器」は、とても人が人らしく生きるための道具だと思います。

だから、大切な人の祝福に日本の器である「漆器」を贈り合う、そんな美しく思いやりのある文化を作りたい。

それを“漆結い(うるしゆい)”と名付け、広げていきたい。

その思いから、このクラウドファンディングに挑戦することにしました。

目標金額は300万円、募集期間は2ヶ月間です!

また今回のクラウドファンディングでは、お盆やお箸、ぐい呑など、新しい商品の先行予約受付もしております!自信作が揃っています!

是非、下記のページから具体的な取り組みをご覧いただき、皆様のご支援をいただけたら幸いです!シェアや拡散のご協力もとても嬉しいです!

縄文から続く日本の漆文化を未来に繋ぐため、皆さんの力を貸してください!

どうぞよろしくお願い致します!

クラウドファンディングページ → https://readyfor.jp/projects/urushiyui/

漆結い

新たに「めぐる」への「誕生花」の蒔絵入りのサービスも開始予定です!(クラウドファンディングで先行予約しています。)
漆絵サンプル(サイズ大)

その他、様々な返礼品をご用意しています!詳細はページからご覧ください!
IMG_5542

【2/8-11】国分寺カフェスローにて『愛しの漆 -木のめぐみのギフト展-』を開催します!

投稿日:2019年1月8日(火) カテゴリ:イベント・展示会情報 , 漆器「めぐる」ニュース

―漆。
全てのはじまりは、ウルシの木から。
摩訶不思議な樹木の、いのちの雫を一滴一滴。

塗り重ねることで、美しく、丈夫に。
まるで、モノにいのちが宿るように。

自然の力を暮らしに活かす、太古からの知恵。

少し特別な日には、漆のもの。

大切な人に贈って欲しい。
私たちの「愛しい漆」を集めました。

ーーーーー
ーーー
ーー

うるしへの愛に浸る濃密な4日間が幕を開けます。触れる、食べる、知る、作るの4つ入り口から、縄文から続く奥深い世界への第一歩を踏み出してみてください。

『 愛しの漆 -木のめぐみのギフト展- 』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
会期:2019年2月8日(金)~11日(月祝) 11:00~18:00
会場:国分寺・カフェスロー

愛しの漆(表)
↑クリックすると、大きな画像で見ることができます。

愛しの漆(裏)
↑クリックすると、大きな画像で見ることができます。


 
【触れる -展示販売】

カフェ店内にあるスローギャラリーでの3人展。漆器はもちろん、漆塗りのカトラリー、アクセサリー、小物の展示販売をします。(会期中常時開催。)

<漆とロック>
「山と、人と、食卓を繋ぐ」をテーマに、会津ブランド「めぐる」を中心に国産漆を使った漆器の企画・販売を行っています。今回は「めぐる」全ラインナップの展示と予約受注を行います。
Instagram https://www.instagram.com/meguru_urushi/

<uruchiku>
「漆の蓄積」をテーマに、アクセサリーや小物を作っています。広島市立大学漆造形終了後、広島を中心に活動しています。
Instagram https://www.instagram.com/uruchiku/

<ほくるし堂>
会津若松で、とうほく×ほくほく×ほくおうをテーマに、使ってたのしい、ほっこりできる漆器づくりを心掛けています。
Instagram https://www.instagram.com/hokurushido/


 
【食べる -カフェ】

期間中カフェでは漆器で食べられるメニューを、それぞれ1日10食限定でご用意します。

「漆の器で食べる 立春膳」 ¥1,200(税抜)
豆腐料理をはじめ、ふきのとうなど春の始まりを感じさせる苦みのある季節の食材などを使用した三菜、混ぜご飯、お汁。
漆器の温もり、美しさとともにめぐる季節をお届けします。

「漆の器で食べるカカオぜんざい」¥600(税抜)
2月はヴァレンタインデー♡ 漆器とチョコレートのコラボを和テイストでお届けします。

☆カフェ営業時間:2/8(金)11:00-17:00、2/9(土)11:00-15:00、2/10(日)11(月)11:00-18:00
※メニューは変更になる場合があります。予めご了承ください。


 
【知る -イベント】

『陰翳礼讃』漆器と暗闇 – 読書と食事の夕べ
陰翳礼讃
谷崎潤一郎の『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』をテーマに胡桃堂書店・今田順さんと漆とロック・貝沼航の対談、職人による実演など盛りだくさんの内容をご用意しています!
ウルシの蝋燭が織りなす闇と光の中で、漆を通して、自分の五感と出会いなおす時間をお届けします。
漆器で味わう一汁一菜のお食事&ワンドリンク付きです。

日時:2019年2月9日(土)18:30-20:30
会場:国分寺カフェスロー
料金:3,500円(漆器で味わう一汁一菜のお食事&ワンドリンク付き)
定員:30名(要予約)
本イベントの詳細・申込はこちらから → https://ineiraisan01.peatix.com/


 
【作る -ワークショップ】

各¥3,000(税込) *漆を使用するため中学生以上からお願いします。

①「組み合わせアクセサリー」
漆塗りのパーツを組み合わせてピアス・イヤリングを作ります。
・日 時:ギャラリー期間中常時 所要時間30分程度
・ご予約:不要

②「マーブリング飾り留め具」
木製のブローチ・ネクタイピンのどちらかを選んでいただき、色漆でマーブル模様を付けます。完成品はお持ち帰りいただけます。
・日 時:2月9日(土)15:30‐17:30
・定 員:6名(要予約)
・ご予約:カフェスロー 042-401-8505
詳細:http://event.cafeslow.com/?eid=1081200

③「お箸に箔押し」
摺漆を施した木製のお箸に純金・純銀箔を貼り付けます。完成品は1週間後に郵送いたします。
・日 時:2月10日(日)13:00‐15:00
・定 員:6名(要予約)
・ご予約:カフェスロー 042-401-8505
詳細:http://event.cafeslow.com/?eid=1081201

☆本漆を使用するため体質によってかぶれる可能性があります。手袋などは用意しますが、ご了承の上ご予約ください。②③に参加される方はエプロンの持参をおススメします。


 
【会場・各種ご予約はこちら】
cafe Slow(カフェスロー)
〒185-0022 東京都国分寺市東元町2-20-10
国分寺駅南口から徒歩5分
TEL: 042-401-8505
Mail: cafeslow@h4.dion.ne.jp
Instagram: https://www.instagram.com/cafeslow_9/

※ 本イベントの詳細はこちらのfacebookイベントページもご覧ください。
https://www.facebook.com/events/322806731670433/

※ 本イベントは「国分寺うるし部」の企画協力のもと開催しています。

ページ :

/ 11

案内人について

漆とロック株式会社(Urushi Rocks Inc.)代表
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2013年より、木と漆という自然の素材の魅力や職人さんたちの手仕事の意味を実際に現場で体感できるガイドツアー「テマヒマうつわ旅」を展開。
2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。同年、グッドデザイン賞とウッドデザイン賞・審査委員長賞を受賞。会津で国産漆の植栽活動に取り組むNPOの副代表も務める。漆と人を繋ぐコミュニケーターとして、漆器の魅力を伝える講演やイベントも行っている。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫