GW期間中(4/27-5/5)「うるし万さく」さんで「春の漆」展が開催されます

投稿日:2019年4月26日(金) カテゴリ:イベント・展示会情報 , 各工房からのお知らせ

春の漆展2

いよいよ明日からは10連休となるゴールデンウィークがはじまりますね!

この大型連休に合わせて、会津若松市の「うるし万さく」さんでは、「春の漆」展が開催されます。

白岩準市さん(沈金)、白岩有美さん(蒔絵)、吉田徹さん(塗り)、小松愛実さん(塗り)という4人の作り手さんによる合同展です。普段遣いの器から酒器、アクセサリーなど多数展示・販売されるそうです。なんと500円〜で出来る沈金体験も。

4/27(土)〜5/5(日)の期間、10:00-16:00で開催されていますので是非足をお運びください。

春の漆展

うるし万さく
会津若松市七日町10-14

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫