NPO法人はるなか・漆部会の活動報告展、開催中です

投稿日:2014年10月22日(水) カテゴリ:イベント・展示会情報 , 会津での漆の植栽活動

現在、NPO法人はるなか・漆部会では、会津若松市内の「アルテマイスター保志」にて「ウルシノキ植栽活動報告」展を開催中です。

1069153_324192657753637_4844911490501354608_n

会津産の漆を守るため、約10年間に渡って活動を続ける「はるなか漆部会」の日々の活動の様子から最新情報まで見ていただくことができます。

10734042_324193867753516_808983958195872749_n

漆の植栽地マップや漆掻きの道具、漆の落ち葉と漆の盆栽のディスプレイ、そして会員の漆器職人による商品販売コーナーなどなど、見どころ満載です!

1376346_324195174420052_5556291214304765408_n

この機会に、ぜひ足をお運びください。

<NPO法人はるなか漆部会「ウルシノキ植栽活動報告」展>
 期間:2014年10月22日(水)〜11月3日(月)
 時間:10:00〜18:00 ※火曜日定休 ※最終日は16:00まで
 会場:アルテマイスター保志(会津若松市日新町3-9)

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫