会津漆器後継者訓練校・第10期生の「卒展」が開催されます

投稿日:2015年2月22日(日) カテゴリ:イベント・展示会情報

会津漆器の未来を担う作り手を育成する学校、それが「会津漆器技術後継者訓練校」です。毎年4名の若者たちが入学し、2年間に渡って、漆の作り手としての技術の習得に励んでいます。

今年も、2月25日(水)から、第10期(蒔絵専攻)の生徒さんたちの卒業制作展が開催されます!
会津漆器技術後継者訓練校10期生卒業制作展

キャッチコピーは、
「漆職人ノ卵達、ソレゾレノ想イ、ソレゾレノ形、篤ト御覧有レ!」

メンバーのお一人からのメッセージをご紹介します。↓
「蒔絵専攻4名が、訓練校での2年間、技術はもとより、会津漆器のこれからや、漆芸や蒔絵という伝統工芸の在り方、について考えてきたことをそれぞれの形で表現致しました。
一人は漆器や蒔絵の美しさを装飾という形で
一人はコレクションしたくなるような小さな形で
一人は会津の伝統的な技法を新しい形で
一人は大切な誰かへの贈り物という形で
皆様にお見せするために、8カ月間制作に取り組んで参りました。」

2年間学んできた技術を活かしながら、漆の世界にどんな未来を思い描いたのか、とても楽しみです。
きっと見応えたっぷりの展示になっていると思いますので、是非是非、足をお運びください!!

<会津漆器技術後継者訓練校・第10期生卒業制作展>
日程:2015年2月25日(水)〜3月1日(日)
時間:10時〜17時(最終日のみ15時まで)
場所:会津町方伝承館・2階(会津若松市大町二丁目8-8)

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫