鍋の時間が楽しくなりそうな器です

投稿日:2013年11月24日(日) カテゴリ:工房で見つけたいいもの

あと1週間で師走となり、本格的な冬仕度の季節ですね。
こんな季節にオススメなのが、木地師・三浦圭一さんの鍋物用の取り鉢。

IMG_2427

三浦さんが自分の家で鍋をする時にちょうどいい器が欲しいと作られた器です。
口が少し広めになっていますので、お玉ですくったものを移しやすくてテーブルにこぼしにくいかたちになっています。
しかも漆器ならではの利点として、熱々の具材や汁を入れても手は熱くないですし、中のものも冷めにくい良さがあります。
ちなみに、お値段は4,200円。もちろん手挽き・本漆塗りです。
木地呂(こげ茶)と赤がありますが、赤は在庫残り僅かだそうです。

三浦さんに会って、話を聞いて、作る様子を見た後なら、鍋の時間がまたぐっと楽しい時間になりそうです。
心も体も温かくなりそうな器に出会いに行ってみませんか?

実際に使ってみました♪
IMG_9590

三浦さんの工房訪問はこちらから。
http://tematrip.com/artisan/artisan01

ページ :

/ 1

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫