はるなか漆部会で漆の木の植栽を行いました

投稿日:2014年11月30日(日) カテゴリ:うるしるコラム , 会津での漆の植栽活動

本日は、会津若松市内による「御山植栽地」にて、ウルシノキの植え付けを行いました。

10年に渡って、会津で900本ほどのウルシノキを育てている「NPO法人なるなか・漆部会」での活動です。

茨城県の大子町より購入した6ヶ月目の漆の苗木です。分根法という方法で育てられています。
ウルシノキの苗

3mの間隔で植え付けを行っていきます。
作業風景

一つ一つ手で植えていきます。元気に育ちますようにと、祈りを込めながら。
漆の木の植え付け

今日も作業後には、みんなで屋外お昼ごはん。今日も最高に美味しい!
昼食風景

動画バージョンも是非ご覧ください。

はるなか漆部会では、こんな雰囲気で、いろんな世代が集まって、みんなでワイワイ楽しく作業しています。

今年の現場作業はこれで終了ですが、また来年の春から作業再開しますので、その際にボランティアも新たに募集したいと思います。ご興味のある方は、はるなか漆部会のFacebookページも是非「いいね!」してくださいね。

今回、自分自身、実際にウルシノキを植えてみて、さらに漆に対して愛情が増した思いがしました。

そして、粘土質の土ってこんなに重いのかとか、水はけって大事なんだなーとか、土を掘り返すのに石ころがこんなに邪魔だとは・・・と実感して、普段何気なく見ている田んぼや畑も、先人、そして農家さんの大変な努力によって出来ているのだなーと感じたのでした。

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫