『めぐる』ロゴマークに込めた意味をご紹介します

投稿日:2016年1月2日(土) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

新年あけましておめでとうございます。

お正月は伝統文化に触れる機会も多く「あ〜、やっぱり日本っていいな〜」と実感する時期ですね。

このお正月はまさに日本晴れというような陽気が続き、初日の出も綺麗に見えたところが多かったのではないでしょうか?

そんな新年1回目の投稿は、ご質問をいただくことも多い「めぐる」のロゴマークに込められた意味をご紹介したいと思います。

めぐるロゴ

今ほど、初日の出のこと話題に出しましたが、このデザインの意味には実は「お日様」が隠されているんです。

長方形の上下が湾曲しているかたちは、それぞれ、水平線に太陽が沈むライン(上部)、水平線から太陽が昇るライン(下部)を表しています。

命の終わりとはじまりの循環。このロゴマークは、次世代に暮らしとものづくりが引き継がれる「めぐる」の意味そのものなのです。

お日様が昇り沈んでゆく様、
作る人とつかう人、
“めぐる”のロゴは
そのゆっくりの関係の様を
強く支えています。

この美しく印象的なロゴマークのデザインは、「めぐる」のクリエイティブ・ディレクターである有限会社ペーパーバックの則武 弥(のりたけ わたる)さんの手によるものです。

このロゴは、めぐるのお椀の裏印にも押されていますので、うつわを手に取った際には、是非そちらもご覧くださいね。

■「めぐる」ご購入サイト:https://meguru.stores.jp

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫