『めぐる』が東京ミッドタウンでのデザインマルシェに出店します

投稿日:2016年3月15日(火) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

復興デザインマルシェ

来週、3月22日(火)〜23日(水)で東京ミッドタウンB1Fで開催される「復興デザインマルシェ2016」に「めぐる」が出店いたします。
めぐるのお椀はもちろん、お箸やお猪口など会津漆器の作り手さんたちの商品も出品します。
夜は19:00まで開催していますので、是非、この機会に足をお運びください。

<復興デザインマルシェ2016>
会 期:2016年3月22日(火)、3月23日(水) 11:00 ~ 19:00
会 場:東京ミッドタウン アトリウム(ガレリアB1F)
出店者:東北地方・茨城県のメーカー、デザイナーなど、35事業者
主 催:公益財団法人日本デザイン振興会 復興支援デザインセンター
詳 細:http://www.jidp.or.jp/marche2016/

復興デザインマルシェ

めぐる

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫