栃木県立美術館にて「触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき」が開催されます

投稿日:2016年8月15日(月) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

8月23日(火)に宇都宮市の栃木県立美術館にて『めぐる』が登場するイベントが開催されます。

「触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき」と題し、うるしトーク(講演)と実際にめぐるの器を使ったお食事会の構成になります。

私たちがめぐるを通して世の中に提供したい価値や大事にしている思いなどを直接聞いていただきながら、実際にめぐるに触れることのできる(しかも美味しいお食事会と一緒に)という機会です。

まだ若干お席の空きがあるそうですので、めぐるにご関心のある方は是非ご参加ください。

なお、お申し込みは、下記のリンクから主催の「あーとネット・とちぎ」さんまでお願いします。
http://art-net.sakura.ne.jp/wp/?p=109

触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき

触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫