『家庭画報』11月号で「めぐる」が取り上げられました

投稿日:2017年10月3日(火) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

“器に直接口をつける独特の食文化を持つ日本人のために、素材の味をそのまま感じ取れるような口当たり。”
現在発売中の『家庭画報』11月号で「めぐる」が特集されました。
編集者が独自の視点で厳選情報を伝える「EDITOR’S REPORT」というコーナーで取り上げていただきました。29ページ目です。
お子さんの手に包まれた水平の器の写真が素敵です。
全国の書店やコンビニで販売中ですので、見かけたら是非ご覧ください。

家庭画報11月号

家庭画報11月号

漆器「めぐる」公式サイト ▷ http://meguru-urushi.com/

さらにもう一つ、
雑誌「くらしと教育をつなぐWe」という雑誌でも「めぐる」のことを取り上げていただきました。
福島のこれからの暮らしのために活動する「女子の暮らしの研究所」さんの連載「ふくしまのいま♡」でご取材いただきました。
女子の暮らしの研究所さんは、会津木綿を使った「ふくいろピアス」や会津漆器のブローチ「omoinomi」など、とってもステキな商品も企画販売されています。

今回、丁寧にご取材いただき、全4ページに渡り「めぐる」のストーリーを紹介してくださいました。

めぐる

雑誌We

とてもいい内容なので、福島市大町のGIRLS LIFE MARKETか、WeのWEBSTOREで入手してみてください。

女子の暮らしの研究所 GIRLS LIFE MARKET
https://co-trip.jp/article/74073/
くらしと教育をつなぐWe
http://femix.co.jp/

案内人について

漆とロック株式会社(Urushi Rocks Inc.)代表
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2013年より、木と漆という自然の素材の魅力や職人さんたちの手仕事の意味を実際に現場で体感できるガイドツアー「テマヒマうつわ旅」を展開。
2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。同年、グッドデザイン賞とウッドデザイン賞・審査委員長賞を受賞。会津で国産漆の植栽活動に取り組むNPOの副代表も務める。漆と人を繋ぐコミュニケーターとして、漆器の魅力を伝える講演やイベントも行っている。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫