年末、神保町の三省堂書店で「めぐる」の展示&受注会を開催します!

投稿日:2017年12月14日(木) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

DSC_1253

12月26日(火)〜31日(日)の6日間、東京・神保町の三省堂書店「いちのいち」にて「めぐる」の展示&受注会を開催します。

「めぐる」が気になっていたけど、やっぱり実物を見てみたいとお考えだった皆さま、直接、手に取っていただけるチャンスです!全日程、代表・貝沼がお店に立って皆さまをお迎えしております。工程見本などもお持ちして、めぐるの詳しい製法や特徴も直接お話をさせていただきます。

さらに!会津の塗師・冨樫孝男さんや吉田徹さん、浄法寺の漆掻き職人・鈴木健司さんなど、めぐるの作り手たちの選りすぐりの器も販売いたします。お正月に向けて、お気に入りの漆椀を見つけてみませんか?

なお、「めぐる」は在庫がある一部の商品は現場で購入が可能ですが、基本的には予約受付となり、お届けまでは数ヶ月〜半年ほどかかりますので予めご了承ください。

連日20時まで(大晦日まで18時まで)開催しています。年末、冬休みに入るタイミングでの開催ですので、是非お立ち寄りください!

<開催Info.>
三省堂書店「いちのいち・オクリモノマーケット」
会場:三省堂書店・神保町店1F(千代田区神田神保町1-1)
日程:2017年12月26日(火)〜31日(日)
時間:10:00〜20:00(最終日のみ18:00まで)
詳細:https://ichinoichi.books-sanseido.jp/

オクリモノマーケット2017_表

オクリモノマーケット2017_裏

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫