11/23(水・祝)奈良と会津1200年の絆「漆と会津の新米の宴」でお話させていただきます

投稿日:2016年11月8日(火) カテゴリ:イベント・展示会情報 , 漆器「めぐる」ニュース

来たる11/23(水・祝)、奈良の喜光寺にて開催される「漆と会津の新米の宴」と題されたイベントにお呼びいただき、漆器めぐる/テマヒマうつわ旅の貝沼がたっぷりと漆と漆器のお話をさせていただきます。

縄文から続く日本人のルーツと漆の話、生きることの真ん中にある「食べる」ということと器の関わり、これからの暮らしを考える上での漆の器という存在の意味、物に隠された作り手さんの手間ひま、そして『めぐる』という器が目指していることなどをお話しさせていただきたいと思います。

奈良の漆芸作家・阪本修さんのお話も、会津の新米のお食事もとっても楽しみです。さらに、いつも好評の『奥会津の木地師』上映もあります。

勤労感謝の日、自分の日頃の労を労いつつ、日本の作り手さんの「勤労」にも思いを馳せる時間になればと思っています。どうぞお越しください。
公式サイト:http://nara-aizu.com/

漆と会津の新米の宴1

漆と会津の新米の宴2

■名 称  奈良♥会津 秋の収穫祭 in 喜光寺
■テーマ  「くう・みる・まなぶ」~漆と会津の新米の宴~
■日 時  2016年11月23日[水・祝] 10:00〜15:00
■会 場  奈良・喜光寺
■参加費  一般:1,500円
■定 員  先着100名
■申 込  公式サイトより 締め切り:11月21日(月)
■内 容
・講演 「暮らしと共に育つ会津漆」 貝沼 航
・昼食 「会津の新米を食べよう」
・映画 「奥会津の木地師」
・講演 「今に継承される奈良漆」 阪本 修
・対談 「会津漆」×「奈良漆」 貝沼 航×阪本 修

いわき市のギャラリー創芸工房にて会津漆器注目の「塗師一富」の個展が開催されます!

投稿日:2016年11月4日(金) カテゴリ:各工房からのお知らせ

2016年11月5日(土)から福島県いわき市の「ギャラリー創芸工房」にて、会津漆器の大注目の工房「塗師一富」による個展が開催されます。
塗師一富

新進気鋭の「塗師一富」3代目冨樫孝男さんは、技法の本質を見極める目と他産地で研鑽を積んだ確かな技術で、多彩な漆塗り表現を行う塗り師です。柔軟な発想で古来の技法を現代に復刻させることにも取り組まれています。さらに現在、4人のお弟子さんたちを育てており、今回は、そのお弟子さんたちと共に一緒に行う一門展となります。

若き実力派の作り手たちによる多彩で驚きの「漆ワールド」を是非、この機会に堪能してください。
冨樫孝男

―日本の伝統美―「塗師一富 漆芸展」
会期 2016年11月5日(土)~11月13日(日)
時間 10:30~18:30PM(最終日17:00)
   <会期中無休>
会場 ギャラリー創芸工房
   (福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1)
電話 0246-29-3826

会津若松の「塗師一富」
伝統を守りつつ新たなモノづくりにも力を入れる
冨樫孝男 青柳彩子 原田麻衣 三留朋江 菊地遥香
使って心地良く暮らしに溶け込む「漆のうつわ」が並びます

■11月6日(日)漆の菓子皿 絵付け体験教室開催(ランチ付 3000円)

冨樫孝男

<塗師一富3代目 冨樫孝男氏 略歴>
1975年 会津若松市生まれ
1993年 石川県立輪島漆芸技術研修所にて塗り・蒔絵・沈金を学ぶ
1996年 漆芸家 佐藤阡朗氏に師事
1999年 会津若松市にて独立
2006年 日本橋三越本店にて五人展 以後、県内外にて個展、グループ展多数
2011年 日本民藝館展「朱 鎬鉢」奨励賞受賞
2012年 会津漆器技術後継者訓練校 塗り専攻講師(現在まで)
2014年 画家 花澤武夫氏と共に、東京ALEXANDER MCQUEEN AOYAMA店内にアートワーク「A funky space reincarnation」制作
冨樫孝男

漆器『めぐる』第2期の受注を開始しました

投稿日:2016年10月20日(木) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

皆さま、お待たせいたしました!
本日より漆器『めぐる』の第2期生産分の受注を開始いたしました。
漆器めぐる

『めぐる』は、素材と製法にこだわっているため、年に数回、期間を分けて数量限定での受注を行っております。第2期はそれぞれ30〜50セット限定となります。(そのため、お早目のご注文をお勧めしております。)

なお、今回の商品のお届けは2017年4~5月となります。
現在、丁寧に手仕事で器の製作を進めておりますので、お届けまでお時間を頂戴しますこと、予めご了承くださいませ。

飯椀・汁椀・菜盛り椀がきれいに重なり、人生を共に過ごす一揃いとなる漆器です。
長く使っていただき、子の代まで引き継いでいただくため、将来のお直し・塗り直しにもきちんと対応します。

ご注文はこちらのサイトからお受けしております。
https://meguru.stores.jp/

今回も『めぐる』をご家族の一員に迎え入れてくださる多くの皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
めぐる(親から子へ孫へ)

※ 漆器『めぐる』 は、日本の漆と漆器を未来に繋ぐサイクルを作ることを目的に、以下の企業・工房が連携した合同プロジェクトです。
・漆とロック株式会社(明天から社名変更)
・ダイアログ・イン・ザ・ダーク
・石原木工所
・丸祐製作所
・吉田漆工房
・塗師一富

漆器『めぐる』/「テマヒマうつわ旅」の運営会社(明天)の社名変更について

投稿日:2016年9月20日(火) カテゴリ:テマヒマうつわ旅ニュース , 漆器「めぐる」ニュース

2016年9月より、漆器『めぐる』及び「テマヒマうつわ旅」の運営会社である株式会社明天は社名変更いたしました。

新社名は 「漆とロック株式会社」 です。

漆とは素材も含めた漆の器のこと。
そして、ここで言う「ロック」とは、「脱・大量消費社会」のことを表しています。
つまり、ロックミュージックを意味するのではなく「それロックだね〜!」という表現で使う時のロックです。
「早く・安く・便利に」という大波に流されない在り方、そしてそう傾き過ぎた世の中にバランスを取り戻していくこと、その姿をロックと呼ぶことに意味があります。
そして、漆とロック、この2つは実はコインの表と裏の関係にあります。
それはどういうことかと言うと、漆や漆器というものには大量消費や使い捨て消費を脱却するためのヒントが詰まっていますし、逆に、いいものを長く使う暮らしが広がることが漆器の出番をもう一度作っていくことに繋がるからです。

この社名のもとに、これからますます漆と漆器の魅力を世に広めていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

     2016年9月20日
     漆とロック株式会社
     代表取締役 貝沼 航

墨田区の東向島珈琲店に「めぐる」で味わう期間限定スイーツ登場!(めぐる展2016開催です)

投稿日:2016年8月24日(水) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

来たる9月、「ヒガムコ」の愛称で知られる東京都・墨田区の「東向島(ひがしむこうじま)珈琲店」で、『ヒガムコ×めぐる展2016』が1ヶ月間に渡って開催されます。

今回の『めぐる展』の一番の目玉は、「めぐる」で味わう期間限定の2種類のスイーツです!
珈琲の美味しさと楽しさを追求する店主・井奈波康貴さんが、「めぐる」のコンセプトや器の肌触りからインスピレーションを受けた特別なデザートを用意してくださいました。
めぐるで味わうスイーツ
めぐる「水平」で味わうコーヒーゼリー(写真左) 480円
めぐる「日月」で味わうコーヒーのブランマンジェ(写真右) 480円

コーヒーゼリーは、創業以来10年間愛される、13時間抽出の水出しアイスコーヒーから作られます。お客様からずっとご要望の高かったというこのメニューが、期間限定でついに登場となります!しかもこのコーヒーゼリー、通常とはひと味違う食べ方を楽しんでいただけます。

ブランマンジェは、珈琲豆を牛乳に浸して香りと風味だけ抽出して作ります。でも仕上がりは不思議と白いスイーツに。以前「COFFEE BIBLE」という本で同店が10ページ特集された時のレシピを再現しての提供となるそうです。

その他、めぐるのストーリーを紹介するフォトパネルの展示、そしてめぐるをはじめとした漆器商品の販売も致します。(めぐるは現在、第1期の販売を終了していますが、この「めぐる展」に合わせて特別に一部の商品を単品で販売いたします。小サイズのお椀を中心に現品のみとなりますので、売り切れの場合にはご容赦ください。)
160818_tgs_4534

logo
【 ヒガムコ×めぐる展2016 】
 会 期 2016年9月1日(木)〜9月30日(金)
 会 場 東向島珈琲店
     住所 東京都墨田区東向島1-34-7
     営業時間 8:30〜20:00(LO19:30)
     定休日 水曜日
     TEL 03-3612-4178
 内 容 めぐるで味わう期間限定スイーツ2種
     めぐるストーリー写真展
     めぐるなど漆器商品の販売
    (※めぐるは一部単品販売のみになります)

※期間中、特別企画として、かつて日本のジプシーであった「木地師」の姿を追った記録映像の上映会イベントも実施します。日程は、9月13日(火)と29日(木)の2回です(2回とも同内容。次回は両日とも18:00〜19:30です)。詳細は、めぐるFacebookページをご覧ください。

kawaguchi02_mf
<Creators Credit>
Sweets Produce:Yasutaka Inaba
Photo Direction:Miwa Togashi
Pamphlet Design:Mimiko Nekota

“特別な感性”から生まれた漆器『めぐる』は、人生に寄り添い、共に育っていく器です。真っ暗闇のソーシャル・エンターテイメント「­ダイアログ・イン・ザ・ダーク」と会津漆器の職人たちがコラボレーションし、漆器本来の心地よい肌触りや口当たり、そし­て抱き上げたくなる優しいかたちを追求しました。
めぐるオフィシャルサイト
グッドデザイン賞2015受賞ページ

会場となる東向島珈琲店の魅力はこちらの記事もご覧ください。
人が集い、つながっていく。穏やかな時間が流れる「東向島珈琲店」
東向島珈琲店に地元の人が引き寄せられる理由

<東向島珈琲店への地図(Google Map)>

※最寄駅は、東武スカイツリーライン「曳舟(ひきふね)駅」です。

栃木県立美術館にて「触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき」が開催されます

投稿日:2016年8月15日(月) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

8月23日(火)に宇都宮市の栃木県立美術館にて『めぐる』が登場するイベントが開催されます。

「触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき」と題し、うるしトーク(講演)と実際にめぐるの器を使ったお食事会の構成になります。

私たちがめぐるを通して世の中に提供したい価値や大事にしている思いなどを直接聞いていただきながら、実際にめぐるに触れることのできる(しかも美味しいお食事会と一緒に)という機会です。

まだ若干お席の空きがあるそうですので、めぐるにご関心のある方は是非ご参加ください。

なお、お申し込みは、下記のリンクから主催の「あーとネット・とちぎ」さんまでお願いします。
http://art-net.sakura.ne.jp/wp/?p=109

触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき

触れて・学んで・味わう 会津漆器《めぐる》とのひととき

『めぐる』第1期生産分の販売が完売にて終了しました

投稿日:2016年6月24日(金) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

ご案内しておりました通り、昨日6月23日の24:00を持ちまして『めぐる』初年度(第1期)の販売が終了となりました。

初年度生産分は、無事、全種完売で終えることができました。
ご購入・応援いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

現在、私たちは第2期へ向けての準備を進めています。

第2期以降は、より皆さまに漆器の魅力を存分にお伝えできるよう、挑戦のステージを上げ、さらにこだわったお届けの方法になります。ご注文の仕方も、みんなで日本の大事なものづくりを支える共同購入システムを導入する予定です。

数ヶ月以内には受注開始となる予定ですので、是非お楽しみにお待ちいただければ幸いです。

『めぐる』はもうすぐ(7月2日で)満1歳を迎えます。
ここまでよちよち歩きの1年目を支えていただき、本当にありがとうございました。

これからも漆器のある暮らしの素晴らしさを広げていくため、メンバー一同頑張っていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

最終版1

『めぐる』第1期生産分の販売終了間近です

投稿日:2016年6月8日(水) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

世界39カ国・800万人以上が体験している暗闇のエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」と日本を代表する伝統工芸産地、会津との コラボレーションによって生まれた“五感に響く漆器”『めぐる』。

昨年7月の誕生から1年。
これまで、多くの方にご購入いただき、グッドデザイン賞やウッドデザイン賞・審査委員長賞を受賞してきました。

この度、第1期(初年度)生産分の販売が間もなく終了となります。

【販売終了日:6月23日(木)24:00】

今年夏にスタートする第2期分からは、さらにこだわった生産方法と販売形式になるため、ご注文からお届けまで1年近くお待ちいただくかたちになります。

そのため、すぐに手に入るのは、今がラストチャンスになります。

各種、残り個数もかなり限られてきましたので、お早めにお申し込みいただければ幸いです。

漆器『めぐる』公式オンラインストア
https://meguru.stores.jp/

「山内泰次と会津うるし工藝舎展」いわきで開催中です

投稿日:2016年6月1日(水) カテゴリ:イベント・展示会情報 , 各工房からのお知らせ

現在、福島県いわき市の「アートスペース泉」では、「山内泰次と会津うるし工藝舎展」が開催されています。

山内泰次と会津うるし工藝舎展1

テマヒマうつわ旅でもお馴染み、会津を代表する蒔絵師の山内泰次さんと、会津うるし工藝舎メンバーの村上修一さん、三留明江さん、二瓶由布子さんの魅力的な漆器が展示・販売されます。

是非この機会に足をお運びください!

期 間 : 2016年5月28日(土)~6月11日(土)
時 間 : 10:30~18:00(木曜日休廊)
場 所 : アートスペース泉
     福島県いわき市泉町2丁目12-7
     TEL:0246-56-9101

山内泰次と会津うるし工藝舎展2

『めぐる』水平・赤バージョンの限定販売を開始しました

投稿日:2016年5月17日(火) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

“特別な感性”から生まれた漆器『めぐる』。
水平の「赤色バージョン」を本日より数量限定で発売開始いたします。これまでもお客様からご要望の多かった水平の赤が、ついに誕生です。価格は黒と同様、三つ組で37,800円(税込)です。単品での販売もございます。

水平濃赤_三つ組み_B_05 水平明赤_三つ組み_B_08

2016年春の限定生産となる水平の「赤色バージョン」には、真朱(しんしゅ)と明朱(みんしゅ)の2種類の色があります。「真朱」は、渋みのある落ち着いた色味。黒みを帯びた濃い赤色です。「明朱」は、華やかでおめでたい色味。朱色(オレンジ)がかった明るい赤色です。お好きな方の赤色をお選びください。
なお、今回は各色10セット限定での販売となります。売り切れ次第終了となりますので、早めのお申し込みが確実です。

水平濃赤_斜俯瞰_大_03 水平明赤_斜俯瞰_大_02

ご注文はこちらの「めぐる WEB SHOP」で受け付けております。
https://meguru.stores.jp/

商品のさらに詳しい情報は、どうぞ下記もご覧ください。

***

人生に寄り添い、共に育っていく器「めぐる」。
暮らしを次世代に繋ぐ、本質的な漆器です。

“特別な感性”との出会いにより生まれた「めぐる」は、漆器本来の心地よい肌触りや口当たり、そし­て抱き上げたくなる優しいかたちを追求した器です。

「めぐる」のデザインには、真っ暗闇のソーシャル・エンターテイメント「­ダイアログ・イン・ザ・ダーク」のアテンドたちが参加しています。目を使わず生きる彼女たちは、手先や唇の繊細な感­覚を持つ“感性のスペシャリスト”。彼女たちが求める究極の心地よさと使いやすさに応えたのは、会津­の漆器職人たちの匠の技。両者が対話を積み重ねながら、約1年をかけてじっくり商品開発し­ました。

素材や製法にもこだわり、会津漆器の中でも本物にこだわる腕利きの作り手たちが、国産の栃(とち)の木で素地を作り、丁寧に下地を施した上に、上質な日本産の漆を用いて上塗りをしております。手間ひまをかけて手仕事でじっくり仕上げた、確かな品質の漆器です。

【水平のかたち】
「水平」は、「器の腰に水平のラインがあることで、私たちは器の正しい傾きが分かり中身をこぼしにくくなる」というアテンドの声から生まれました。安心して抱きあげるような骨格があり、「しっかりしていてこぼさず持てる」かたちをしています。さらに、その形のバランスの良さから持ち方が安定され、自ずと姿勢が良くなり、美しい所作にも繋がります。
その美しさと使い勝手の良さは、三つ組で引き立ちます。飯椀、汁椀、菜盛り椀。きれいに重なるその形は、禅の食事に用いる器「応量器(おうりょうき)」にヒントを得ました。
人生を共に過ごしていく一揃いとして、永くお使いいただけます。

水平濃赤_箱_三つ組み_03 水平明赤_箱_三つ組み_03

【水平の赤の特徴】
「水平」の赤は表情豊か。一色で塗りつぶされたような平坦な赤ではなく、器のラインがうっすらと黒いグラデーションで浮き上がる立体感のある景色が特徴です。この美しい表情には、めぐるならではのこだわりが隠されています。めぐるの上塗りに使用している上質な日本産の漆には、ウルシオールという漆独特の主成分が多く含まれています。そのため良質な漆は、漆の粒子同士が互いに引っ張り合う力に優れ、塗膜がピンと張った状態になります。そのことで器の角からは漆が逃げ、下の層の黒が透けて見えることで、絶妙なグラデーションが生み出されています。(漆器の赤は、中塗りまでを黒で仕上げ、最後の上塗りだけを赤で塗っています。)上質な素材とその良さを引き出した作り手の技が込められた逸品です。

水平_濃赤_テクスチャーB_03 水平_明赤_テクスチャーB_02

【お直しについて】
漆器はお直しができることが良さ。めぐるは将来の塗り直しや欠けや割れの修理にも対応いたします。
めぐるの売上の一部は国産の漆の保護・育成事業に寄付されます。将来そこから採られた漆で器のお直しをお受けします。その仕事は会津漆器産地の若手職人の仕事に繋がっていきます。めぐるは、作り手も、使い手も、素材も、世代を超えて巡りゆく器です。

【商品の詳細】
めぐるは「2015年度グッドデザイン賞」「2015年度ウッドデザイン賞・審査員長賞」を受賞しました。
めぐる公式サイト : http://meguru-urushi.com/
めぐるWEB SHOP : https://meguru.stores.jp/

ページ :

/ 9

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫