木地師・荒井さんの工房で制作体験してきました〜♪

投稿日:2013年12月14日(土) カテゴリ:研究員日記

皆さま、はじめまして!「うつわと暮らしの研究所」略して「うつけん」のかおりんです。

今日は職人さんたちの工房にお邪魔して、制作体験をしたり、お話を伺ったりしてきました。

まず伺ったのは木地師の荒井勝祐さんの工房です。荒井さんは丸物といってお椀やお皿などを木材から切り出して作っている木地師さん。とっても暖かいお人柄の方です。

IMG_7727

ここでは荒井さんの実際のお仕事の様子を拝見し、制作体験をさせていただきました。

荒井さんの仕上げたお椀は、とにかく美しい!表面何の加工もしていないのに、ツルツルなんです。こんなお肌になりたい(笑)

しかも塗師さんが漆を塗るときの漆の厚みも考えて、薄めに作られているんです。私もペン立てに線を入れる体験をさせて頂きましたが、すごく繊細な作業で、ほんのちょっとの力の加減が難しかったです。

IMG_7757

自分が普段何気なく使っているものも、荒井さんのテマヒマでできているんですね。これからはもっと大切に使おう。

荒井さん、ありがとうございました!

IMG_7783

案内人について

漆とロック株式会社(Urushi Rocks Inc.)代表
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2013年より、木と漆という自然の素材の魅力や職人さんたちの手仕事の意味を実際に現場で体感できるガイドツアー「テマヒマうつわ旅」を展開。
2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。同年、グッドデザイン賞とウッドデザイン賞・審査委員長賞を受賞。会津で国産漆の植栽活動に取り組むNPOの副代表も務める。漆と人を繋ぐコミュニケーターとして、漆器の魅力を伝える講演やイベントも行っている。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫