蒔絵師・山内さんの工房のご紹介です♪

投稿日:2013年12月15日(日) カテゴリ:研究員日記

こんにちは。「うつわと暮らしの研究所」略して「うつけん」のあきえ&かおりんです。
昨日に引き続きの工房見学レポート、2件目にお邪魔した山内泰次さんの工房を紹介しちゃいます。

山内さんは蒔絵師さんで、塗師さんが塗ったものに蒔絵を施す方です。草花をカラフルに描いた蒔絵が代表的で、思わず見とれてしまいます。

IMG_7839

山内さんの工房には、蒔絵師さんならではのものがいっぱい!筆ひとつをとっても、私たちには驚きの連続です。
実は蒔絵師さんの筆って、私たちがよく知っているあの動物の毛で作られてるんですよ、知ってました?
(答えは職人さんの工房で♪)
山内さんのお人柄も相まって、びっくりな楽しい話がたくさん聞けました。

IMG_7801

蔵造りの素敵な工房の2階はギャラリーになっていて、山内さんの素敵な作品がたくさん置いてあります。
そういえば可愛いうさぎさんの作品も多かったなぁ。山内さんってうさぎさんが好きなのかしら?

また、2Fのギャラリーではキュンとするような素敵な器が!
個人的にウサギのブローチと脚付きのお皿が欲しかったなぁ~~!!!

階段に飾られていた植物。
草花を愛する山内さんらしく、「うるしの実」です♪
1476656_739539469390794_1007960788_n

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫