塗り師・儀同さんの工房にもお邪魔してきました♪

投稿日:2013年12月16日(月) カテゴリ:研究員日記

こんにちは!「うつわと暮らしの研究所」略して「うつけん」のかおりんです。
14日に行ったうつけんの工房見学、最後にお邪魔したのは塗り師の儀同哲夫さんの工房です。

儀同さんは企業とのコラボも多くされている塗師さん。漆の新しい形をたくさん魅せてくれて、漆って古いものじゃないんだなと実感させてくれる方です。

1500858_739493692728705_1282895408_o

今回は儀同さんが文字盤を塗ったCITIZENの「カンパノラ」と儀同さんが塗りを手掛けたブルックスブラザーズの「ブルーダイヤ」を拝見させていただきました。

IMG_7873

特に私が驚いたのは「ブルーダイヤ」の色。私の写真じゃちょっとわかりにくいかもしれませんが、黒じゃないんです。すごく深い紺色なんです。
漆って、こんな色も出せるんですね。これはぜひ、実物を見て頂きたいです。この感動は実物を見ないと味わえない!

儀同さんの仰った、この一言が儀同さんのお仕事を表しているようでした。

「やったことないから出来ないんじゃない。俺はやったことがないからやりたいんだ」

IMG_7853

儀同さん・・・ホレるほどカッコいい塗師さんです( ^ ^ )

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫