職人さんと漆器を使った新年会

投稿日:2014年1月7日(火) カテゴリ:研究員日記

こんにちは!
うつわと暮らしの研究所、略してうつけんのかおりんです。

昨日はうつけん定期ミーティング兼新年会を行いました。
職人さんもお招きして、自慢のうつわやお箸、ぐい飲みをお持ちいただき、それでお料理やお酒を頂きました。
1498008_750853931592681_1912847470_o
1501170_750853944926013_237869387_o
1491328_750853954926012_1376955148_o
1529872_750853938259347_1413040684_o

漆器で頂くと見た目の美しさも然ることながら、味も変わります。しかも軽くて温度を閉じ込めてしまうので、熱いものを入れても簡単に持つことが出来ます。小さなお子さんにもいいですね。

今までの漆器のこと、またこれからうつけんが、そして職人さんがやってみたいことなど、たくさんの話が飛び出してとても有意義な会になりました。
何より漆器で頂くことで、漆器の良さを再認識できました。

この良さを皆さんに少しでも伝えるべく、うつけんは今年も頑張ります!

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫