木地師・三浦さんの工房にお邪魔してきました

投稿日:2014年3月1日(土) カテゴリ:研究員日記

こんばんわ。うつわと暮らしの研究所のあきえ&かおりんです。
今日は木地師・三浦さんの工房に見学に行ってきました。
IMG_3075

三浦さんの工房は、とにかく、何もかもが衝撃でした。

漆器の土台となる「木地(きじ)」を作る職人である三浦さん。工房にある木は、荒削りされて乾燥の為に何十年も保管されています。
IMG_8181
そして、必要とされるその瞬間まで、静かな工房でただ、じっと待つのです。
本当に感動しました。

一度帰宅後、どうしても欲しくなって慌てて来店して黒柿のフリーカップを2つ購入しました。
1925237_781252608552813_830052650_n
口当たりの優しい器です。今夜は、この器の木の事を考えながら過ごしたいと思います。

さらに三浦さんのギャラリーで見つけたちょっと面白いものをご紹介します。
1796854_781691398508934_2046022724_o
三浦さんのギャラリーの棚に貼られているこの紙・・・実は木地師さんならではのあるものが入ってるんです。これも知ったら「おお~!」と思わず声をあげたくなるかも。(うつけんメンバーは皆「おお~!」と声をあげました。笑)

正解は・・・「テマヒマうつわ旅」に参加してくれた人だけが知れる、お楽しみってことで!

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫