社会人になってからの再会旅も、テマヒマうつわ旅で

投稿日:2016年5月7日(土) カテゴリ:日々のアテンドから

今日のテマヒマうつわ旅は、仙台と東京からのお客さまでした。大学時代の先輩・後輩というお二人が、社会人になっての久しぶりの再会旅で「テマヒマうつわ旅」にお越しくださいました。

午前中は、木地師・三浦圭一さんの工房にて。

IMG_6103

IMG_6112

IMG_6116_Fotor

お昼は「ごはんカフェ×ショップ「あいいろ」で、会津漆器を使ったランチをお楽しみいただきました。今日のメインは会津産アスパラガスの肉巻きでした。

IMG_6124_Fotor

午後は、蒔絵師・山内泰次さんの工房にて。

IMG_6128_Fotor

IMG_6127_Fotor

IMG_6134_Fotor

お二人からは、「三浦さんや山内さんのような職人さんを二人占めで、あんな風にじっくりお話を伺うことができて、とても贅沢な旅でした。モノはもちろん、何より“人”という会津の魅力の深さを感じました。漆器の見方も変わりますし、本当にテマヒマをかけたものに向き合うのって自分の心も豊かになりますね。」という感想をいただきました。

社会人になってからの再会旅、ちょっと大人に漆器工房めぐりとは、洒落ていますね♪

ご参加いただき、ありがとうございました。
また是非、遊びにいらっしゃってくださいね。

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫