塗師の吉井さんの工房にお邪魔しました

投稿日:2014年1月25日(土) カテゴリ:研究員日記

こんばんは!
うつわと暮らしの研究所、略してうつけんのかおりんです。
今日はうつけんのメンバーで塗師の吉井さんの工房見学&研ぎ出しの体験をしてきました。

吉井さんは変わり塗りで有名な塗師さん。
会津には「金虫食い塗り」というまるで虫が食ったような模様ができる伝統的な技法があるのですが「金虫食いといえば吉井さん」というほど、素晴らしい金虫食い塗りを作られています。
ほかにも研ぎ出しだからこそできる、様々な変わり塗りを行っています。

1492269_761176040560470_2137451123_o

1669815_761176043893803_1219804178_o

今回は吉井さんに金虫食いの過程を教えてもらい、そのあとに研ぎ出しの箸作りを体験させていただきました。
最初は1色だったお箸なのに、研ぐほどに模様が浮き出てきます。研ぐ人によって模様が違ってくるのも、魅力です。
ただし研ぎすぎにはご用心。楽しくて研ぎすぎた挙句に、下塗りの漆が見えてしまったのは、何を隠そう私です(笑)

吉井さんのところではお茶もごちそうして頂いたのですが、茶托や大福を入れるうつわまで吉井さんの変わり塗り。普段のお茶にもちょっとしたアクセントになって素敵ですvv

吉井さんのところに寄った後は、うつけんメンバーのあきえさんのお家でミーティング兼お昼ご飯。
さっそく自分で作ったお箸を使って頂きました。

1559529_761176057227135_715537115_o

私はさらに吉井さんのところで買った金虫食いのうつわがあったので、デザートのスコーンやマンゴープリンを入れてみました。

1602108_761176067227134_1887422236_o

う~ん、日常でできる贅沢!

吉井さんは私が生まれる前から塗りをお仕事にされているベテランですが、新くて斬新な考えもお持ちで、それが変わり塗りに生かされているという感じがします。
会津の伝統技法、ぜひその手で体験してみませんか?

職人さんと漆器を使った新年会

投稿日:2014年1月7日(火) カテゴリ:研究員日記

こんにちは!
うつわと暮らしの研究所、略してうつけんのかおりんです。

昨日はうつけん定期ミーティング兼新年会を行いました。
職人さんもお招きして、自慢のうつわやお箸、ぐい飲みをお持ちいただき、それでお料理やお酒を頂きました。
1498008_750853931592681_1912847470_o
1501170_750853944926013_237869387_o
1491328_750853954926012_1376955148_o
1529872_750853938259347_1413040684_o

漆器で頂くと見た目の美しさも然ることながら、味も変わります。しかも軽くて温度を閉じ込めてしまうので、熱いものを入れても簡単に持つことが出来ます。小さなお子さんにもいいですね。

今までの漆器のこと、またこれからうつけんが、そして職人さんがやってみたいことなど、たくさんの話が飛び出してとても有意義な会になりました。
何より漆器で頂くことで、漆器の良さを再認識できました。

この良さを皆さんに少しでも伝えるべく、うつけんは今年も頑張ります!

2014年最初のお客様

投稿日:2014年1月3日(金) カテゴリ:日々のアテンドから

今日は、今年はじめてのお客様のアテンドでした。
静岡からお越しの男性4人組。まずは蒔絵師・山内さんの工房で、蒔き絵体験を行いました。
68888_749247545086653_1216637238_n

山内さんの繊細で丁寧なお仕事に感心しきり。皆さん時間いっぱいを使って、ギリギリまで描画。紅葉や桜、文字など個性豊かなお椀が出来上がりました。

山内さんの工房の次は、塗師・吉井さんの工房へ。
1526621_749247541753320_707620646_n

ここでは吉井さんの変わり塗りが出来る工程を見学。金虫喰塗りの模様を作るのに、お椀に麦を蒔くということに皆さん驚かれたようです。吉井さんが普段使っているろくろも体験して頂きました。

ご見学の様子をムービーでご覧になれます。

蒔き絵体験のお椀がお手元に届くまで、楽しみにお待ちください!

ページ :

/ 1

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫