テーブルウェアフェスティバル

投稿日:2014年2月11日(火) カテゴリ:研究員日記

こんにちは。うつわと暮らしの研究所、略して「うつけん」のかおりんです。

2月8日から10日まで、研究員のあきえさんと一緒に東京ドームで開催されていたテーブルウェアフェスティバルにお邪魔してきました。
1926152_770978266246914_326592808_o

8日は大雪で(まさか東京に来てまで雪をみるとは・・・)お客様も少なかったようですが、10日は最終日とあってかなりの盛り上がりを見せていました。
「テマヒマうつわ旅」に参加されている山内さん、三浦さんのほかにも、全国各地のテーブルウェアが揃っていて、とても勉強になりました。会津塗以外でも伝統と新しいセンスの合わさった器って、やっぱり素敵だなぁ。
最終日には山内さんと会津うるわし会の女の子たちのトークショーがあり、若い女の子たちが頑張っている姿を見て、なんだか嬉しくなりました。
うるしもうつわも変わるべき局面に来ているのかな?

戦利品は山内さんの箸置きと、三浦さんの肥松のぐい飲み、ほか玉蟲塗りのフリーカップ。
1617786_770978262913581_224186293_o

特に山内さんの箸置きは面白いです。職人さんは漆に埃が入るといけないので、埃を掬い上げるために和紙を使って、漆を絞って使うんです。この箸置き、漆を絞ったあとの和紙なんですよ。色も可愛くて、思わず購入(笑)
こういう作った人の発想とか、過程を知るとついつい欲しくなってしまうんですよね~。

ともかくもとても勉強になるし、新しいことが発見できたテーブルウェアフェスティバルでした。
来年もまた行こうっと!

大地を守る会さんがお越しくださいました

投稿日:2014年2月1日(土) カテゴリ:日々のアテンドから

本日は、有機野菜や自然食品の通販宅配サービスを行っている「大地を守る会」さんがテマヒマうつわ旅に参加してくださいました。

最初に向かったのは木地師・荒井さんの工房。
木に関する様々なお話を聞いてから、荒井さんが実際に木地をひくところを見学して頂きました。
IMG_0276 のコピー

荒井さんがお仕事を始めてからはシャッターの嵐!綺麗にひかれた木地を手に取って、皆さん感嘆の声をあげてらっしゃいました。
IMG_0291 のコピー

次に向かったのは塗り師・儀同さんの工房。
儀同さんは現在いわきのお寺の須弥壇の修復作業を請け負っていて、その修復作業を見学するという貴重な経験ができました。
IMG_0312 のコピー
色んな質問が飛び出して、皆さん真剣にメモを取っていました。

そして、漆を塗る前に木地に布を貼って丈夫にする「布着せ」という作業があるのですが、その布着せを行っているところを見ることが出来ました。
1537922_766262036718537_1722301520_o

うつわと食べ物は、切っても切り離せないもの。今後の活動の展開について、具体的なご提案もいただきました。
大地を守る会の皆さん、ありがとうございました!

ページ :

/ 1

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫