はるなか漆部会で漆の木の植栽を行いました

投稿日:2014年11月30日(日) カテゴリ:うるしるコラム , 会津での漆の植栽活動

本日は、会津若松市内による「御山植栽地」にて、ウルシノキの植え付けを行いました。

10年に渡って、会津で900本ほどのウルシノキを育てている「NPO法人なるなか・漆部会」での活動です。

茨城県の大子町より購入した6ヶ月目の漆の苗木です。分根法という方法で育てられています。
ウルシノキの苗

3mの間隔で植え付けを行っていきます。
作業風景

一つ一つ手で植えていきます。元気に育ちますようにと、祈りを込めながら。
漆の木の植え付け

今日も作業後には、みんなで屋外お昼ごはん。今日も最高に美味しい!
昼食風景

動画バージョンも是非ご覧ください。

はるなか漆部会では、こんな雰囲気で、いろんな世代が集まって、みんなでワイワイ楽しく作業しています。

今年の現場作業はこれで終了ですが、また来年の春から作業再開しますので、その際にボランティアも新たに募集したいと思います。ご興味のある方は、はるなか漆部会のFacebookページも是非「いいね!」してくださいね。

今回、自分自身、実際にウルシノキを植えてみて、さらに漆に対して愛情が増した思いがしました。

そして、粘土質の土ってこんなに重いのかとか、水はけって大事なんだなーとか、土を掘り返すのに石ころがこんなに邪魔だとは・・・と実感して、普段何気なく見ている田んぼや畑も、先人、そして農家さんの大変な努力によって出来ているのだなーと感じたのでした。

「Kamidana うるし」がグッドデザイン賞を受賞しました

投稿日:2014年11月12日(水) カテゴリ:オーダーメイド制作事例 , テマヒマうつわ旅ニュース

福島県いわき市の正木屋材木店さんと会津漆器の職人さんたちがタッグを組んだ「Kamidana うるし」が、2014年度グッドデザイン賞を受賞しました!

【2014年グッドデザイン受賞 Kamidanaうるし】
http://www.g-mark.org/award/describe/40917?token=J0w0dmVZKI

14G030222_01_880x660

さらには、グッドデザイン賞の中から厳選された「審査員の選ぶ1品」にも選ばれたそうです。(冊子でもトップで紹介されています。)

この美しい漆塗りを手がけたのは、会津の塗り師・儀同哲夫さん。蒔絵は本田充さんです。「テマヒマうつわ旅」での出会いから、このコラボレーションが誕生しました。

来春の発売に向けて、商品の制作も進んでいます。是非、ご注目ください!

国際ユニヴァーサルデザイン会議の皆さまがいらっしゃいました

投稿日:2014年11月9日(日) カテゴリ:日々のアテンドから

今日のテマヒマうつわ旅は、「第5回国際ユニヴァーサルデザイン会議2014in福島&東京」の皆さんがお越しくださいました。

国際ユニバーサルデザイン1

スペインからのお客さまも、漆という素材の奥深さとテマヒマかけて作る職人さんの生き様に様子に感動しきりのご様子でした。

国際ユニバーサルデザイン2

世界と繋がることで、漆器の可能性がどんどん広がっていったらいいなと思います。

漆の実の生る季節になりました

投稿日:2014年11月1日(土) カテゴリ:うるしるコラム

会津の漆の植栽地でのヒトコマです。

漆の実

今年は、会津では漆の木がほとんど実をつけない年でしたが、それでも何本かの木には、沢山の実が生っていました。

漆の実の生る頃

「そうだよね、君みたいな、みんなと一緒じゃないやつがいるから、命は繋がれていくんだね。」と、思わずつぶやいてしまいました。

冬ももうすぐですね。

ページ :

/ 1

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫