雑誌『料理通信』8月号に「めぐる」が特集されました

投稿日:2017年7月13日(木) カテゴリ:漆器「めぐる」ニュース

雑誌『料理通信』8月号に「めぐる」が特集されました。

漆とロック代表貝沼へのインタビューが中心の構成で、漆器の本当の魅力やめぐるに込めた思いをお話しました。

料理通信さんからは、めぐるの器のことを「外連味のない清々しい美しさの三つ組椀」と評していただきました。

現在、全国の書店にて発売中です。どうぞご覧ください。(P.100-101の見開き2ページです。)

料理通信

料理通信 漆とロック 貝沼 航

ページ :

/ 1

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫