漆器の洗い方やお手入れ方法

漆器は元来、日本人の日常生活の器として愛されてきた、使い勝手の良い器です。

漆器は熱い物を入れてはいけない?
洗剤を使って洗ってはいけない?
固く絞った布巾で拭き取るだけにしなくてはいけない?

いえいえ、そこまで気を使わなくても大丈夫です。

さすがにグツグツ煮立ったものをそのまま漆器に注ぐのはお勧めしませんが、人が食することのできるぐらいの温度であれば、漆器は十分に耐えうる器です。

むしろ熱い汁物やほかほかのご飯を入れても、漆器には断熱性があるので手が熱くない上に、中身は冷めにくいという利点があります。(逆にアイスクリームなど冷たいものを入れた時には、中のものが溶けにくく、器の外側には水滴が付きにくいという良さもあります。)

漆の塗膜は、強い酸やアルカリ・アルコールに漬けても変化しにくい程、丈夫なものです。

漆器を洗う際には、普通の食器用洗剤とスポンジ(柔らかい面)を使って頂いて大丈夫です。

漆の塗膜は汚れ落ちにも優れていますので、ご飯粒などが器にこびりついた場合でも、10分ほど水を入れておけば、少し洗剤を付けてやさしく手洗いだけでもスルッと落ちるようになりますので、そんなにゴシゴシしなくても大丈夫です。(長時間の浸け置きはお控えください。)

さらに長持ちさせるための洗い方のコツは、堅いものと当たらないように陶磁器やナイフ・フォークなどとは別にして洗うことと、洗った後、水道水のミネラル分が白く残らないように、布巾でしっかり水分を拭き取ることです。
「やさしく洗って、しっかり拭く」ということを意識するだけで、漆器の持ちはかなり良くなります。

漆器は土台が天然の木ですので、電子レンジや食器洗浄器は使用できません。また、直射日光も苦手です。

食器洗浄機は使えませんが、漆器の表面を流れ落ちる水を眺めながら、やさしく手洗いする静かな時間も、漆器を使う楽しみの一つではないでしょうか。

漆器は、しまい込まずにどんどん使ってみてください。
乾燥が苦手な漆器は、日常的に「使っては洗う」を繰り返していただくことで適度な水分が与えられ、一番のメンテナンスになります。

漆の塗膜は、実は10年ぐらいかけて器の中で透明になり、硬くなり続けています。
そのため、どんどん発色も良くなってきますし、使う人の手によって擦られて使うほどにピカピカになってきます。
そうして使い込むことで生まれる風合いの変化も漆器の魅力の一つです。

完全に固まった漆は、かぶれやアレルギーの心配もありません。
お子様でも安心してご使用いただけます。漆には、抗菌作用もあるんですよ。

また、長年使ってツヤがなくなってしまったり欠けてしまっても、修理(塗り直しや金継ぎ)ができるのが漆器の良さです。(修理のご相談もお受けします。)
気兼ねなく日々の食卓や生活の中でどうぞご愛用いただき、ゆっくりとあなただけの器に育ててください。

【注】
上記の説明は、本物の漆器(木製・漆塗り)の製品を前提に記載しております。現在、市場でも多く見られるプラスチックの土台にウレタン塗装を施し、漆器風に見せただけの製品の場合は、この限りではありませんので、ご注意ください。(プラスチック製は手に持って熱くないなどの利点も少なく、ウレタン塗装は漆に比べて塗膜が非常に弱い性質があります。)

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫