読み物『会津漆器の歴史・特徴』

「日本における漆産地の先駆け、会津」

会津漆器は、古より、城下町・会津の地で育まれてきた伝統工芸品です。

日本における漆の産地としては非常に長い歴史を持ち、津軽塗や輪島塗よりも早くから盛んになりました。

最初の起こりは、室町時代、源頼朝の信頼が厚かった葦名(あしな)氏が、会津を治めたときに、 漆の木の植樹を奨励したことが始まりです。

産業として根付いたのは、400年前の安土桃山時代のこと。

豊臣秀吉の命で会津領主となった蒲生氏郷公が、近江の国(今の滋賀県)の日野から 職人を連れて会津入りしたのです。

氏郷公は、利休七哲(千利休の高弟)の筆頭に数えられる文化人であり、 産業の発展のため会津漆器の基礎をつくり上げました。

それ以来、会津漆器は、この雪深い城下町の会津に地場産業として力強く根付き、 技術革新を重ねながら日本有数の一大漆器産地となりました。

一時期はアメリカ・中国・オランダに輸出していたほど、会津塗の技術と美しさは際立っていました。

「ぬくもりと使い込む楽しさ」

会津漆器の良さは何と言っても、食に寄り添った使いやすさ。

もともと日用品としての器を作ってきた産地で、高級品産地に比べると 比較的手に取りやすい値段で、日常的にどんどん使っていただける商品が揃っています。

漆器の本体となる木地は、山深い南会津で取られる栃(トチ)や欅(ケヤキ)、栓(セン)、科(シナ)などが多く使われています。

漆塗りは、「花塗り」という技法が特徴です。

花塗りとは、漆塗りの最後の工程である上塗りをした後、研がずに塗り立てのまま乾燥させて仕上げる技法で、やわらかくあたたかみのある風合いに仕上がります。器を覗き込んだ時に、光が映り込んだ部分が、ふわっとおぼろ月のように見えます。

一方、会津では「変わり塗り(金虫食い)」と呼ばれる技法も発展してきました。

様々な色の漆を塗り重ねた後、研ぎ出して複雑な模様を浮かび上がらせます。仏具の産地という側面を持つ会津だからこそ生まれた技かもしれません。

会津の蒔絵は、消金地、会津絵、朱磨きなどが有名です。

「消金地(けしきんじ)」は、もともと量産型の産地だったため、金粉の目をさらに細かくして節約しながら蒔く技法で、優し気のある金の光り方になります。

「会津絵(あいづえ)」は、色漆を使って松竹梅と破魔矢を組み合わせた会津独特の文様で、城下町の歴史を感じさせるような雰囲気を持っています。

「朱磨き(しゅみがみ)」はその名の通り、黒い器体に漆で描き、朱の色粉を蒔いて磨くことで文様を出す技法で、菊と桐の大胆な構図が特徴的です。

これに限らず、現在は、蒔絵師それぞれにカワイイものからモダンなものまで独自の絵柄を持っており、お気に入りの職人さんを見つけるのも楽しみ方のひとつです。

現在、会津漆器の産業としての売り上げは約20億円弱。生産額ベースで全国第3位の産地として日本の漆器産業を守り続けています。

後継者育成の取り組みとしては、漆器協同組合が会津若松市や福島県の支援を受け運営する「会津漆器技術後継者訓練校」があり、毎年4名の生徒が、2年間塗り・蒔絵に専攻を分かれて学んでいます。近年は女性の生徒割合が非常に多く、将来の活躍に期待されています。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫