五感を満たしてくれる”japan”のファンになりました。

投稿日:2016年1月10日(日) カテゴリ:参加者の声

テマヒマうつわ旅に参加すると、漆器を知るだけではなく、漆器を育んだ会津の文化にも触れ合えます。
一説によると漆器がかつて西洋では”japan”と呼ばれていたという話に驚きました。海外に住んだことのある私にとって、世界からも「日本を象徴するもの」として見られていたことが、大変興味深かったです。
テマヒマうつわ旅は、そんな”japan”を五感で体験できるツアーです。私は毎回、海外からの友人も誘って参加していますが、日本に限らず世界中の方々が楽しめるツアーだと確信しています!
会津漆器を手に取り、その漆器で味わうと、心身ともに満たされます。現在、三浦さんのぐい飲みと吉井さんのお椀とマイ箸を持っていますが、本当に食事を豊かにしてくれます。テマヒマうつわ旅を通して、会津のすべての大ファンになってしまいました!ありがとうございます!

案内人について

めぐる/テマヒマうつわ旅
貝沼 航(Wataru Kainuma)

1980年福島市生まれ。大学卒業後に会津若松市に移住。漆器づくりの現場に魅せられ、2005年、伝統工芸の作り手を応援する会社「明天」を設立。2013年から「テマヒマうつわ旅」をスタート。2015年、世代を超えて受け継ぐことをテーマにした新しい会津漆器「めぐる」を販売開始。
「地球のリズムで暮らすうつわ、漆器」の豊かな世界を広めるべく活動中。作り手と使い手を繋ぎながら、大量消費社会を脱却するための「次世代の回答」づくりを目指す。

職人一覧へ 三浦 圭一 山内 泰次 吉井 信公 荒井 勝祐 儀同 哲夫